OTAKU-MOTION

レビューは右側のリンクからどうぞ (※たぶん全部新ウインドウで開きます)
トップ2008年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

日記

近場の100円ショップで買いました

sankyaku_0.jpg

sankyaku_1.jpg

デジカメ用の三脚。高さ20cmくらいの卓上用です。
安物なので期待してませんでしたが案外しっかりした作りで感動。
スポンサーサイト
05/31/ (土) 19:58| 未分類コメント(0)トラックバック(0)編集

【カナル型ヘッドホン】 SONY MDR-EX51SP レビュー

SONY/MDR-EX51SP
型式:密閉・ダイナミック
用途:ポータブル・リスニング
ドライバー口径:φ9mm
出力音圧レベル:100dB/mW
インピーダンス:16Ω
再生周波数帯域:6~23,000Hz
質量:4g
備考:イヤピース付属(S,M,L)
購入価格:¥3,420 (生産終了)
参考URL:http://www.ecat.sony.co.jp/avacc/headphone/
ex51sp.jpg

イヤチップは付属のLサイズを使用。
妙な圧迫感などはなく装着感は良い。
解像度・分解能は値段なりだがやや悪い寄り。
音場の広さはほぼカナル水準並み。窮屈に感じる部分も。
篭りが結構あり定位が雑なのが気になる。

音は低音寄りの弱ドンシャリ。
低音は柔らかめで輪郭はぼやけ気味。量はやや多い。
高域は埋もれず出てくるものの中域音が若干弱い。
高域に棘はなく、低音に比べると量は控えめで聴き疲れはしにくい。
ボーカル表現はなかなか巧い。引っ込みがちだがしっかり耳に届く。
楽器の生っぽさはそれなりに感じられるが繊細さ・温かみはいまいち。
低音のキレや力強さ・躍動感の表現はなかなか巧い。
ただ全体として音に厚みが少なく薄い。そのためいまいち聴き応えに欠ける。
生楽器・電子音系などの表現はある程度の水準は保っている機種。
出来としては定価が3000円程度と考えると値段なりといったところ。

EP630との比較
遮音性が高く音漏れが少ないのはEP630。
解像度・分解能はMDR-EX51よりもEP630が上。
音場は僅かにMDR-EX51の方が広く感じるが定位はEP630の方が明確。
篭りを多く感じるのはMDR-EX51。音はどちらもドンシャリ傾向。
EP630の方が超低域・低域が多めで質は良くしっかり鳴らす。
MDR-EX51は低音が霞んでいていまいち輪郭が掴めない。
中・高域も質・量ともにEP630が上。音の伸びもEP630の方が良い。
EP630は派手でメリハリのある表現。MDR-EX51は地味で大人しい。
ボーカルで迫力があるのはEP630。比較的聴き易いのはMDR-EX51。

DTX50との比較
音のバランスとしてはどちらも低音寄りのドンシャリ
音場の広さはDTX50の方がMDR-EX51よりも一回り大きい。
定位の明確さ・篭りの少なさ・解像度・分解能はDTX50がはっきり上。
超低域・低音の量はMDR-EX51が多く音場はかなり曇る。
DTX50は低音の量が多いものの篭りは少なく聴き疲れもほとんどない。
ボーカル表現はどちらも巧いがDTX50の方が芯が通っていて擦れもない。
低域・高域の伸び・力強さ・躍動感の表現はDTX50が上。
生楽器の音表現にしろ打ち込み系の音表現にしろDTX50の方が巧い。

日記

茶色っぽくしました。
設定の関係で過去の記事が読みにくくなってるかもですが
ちょこちょこいじっていきたいと思います
05/27/ (火) 12:47| 未分類コメント(0)トラックバック(0)編集

新製品情報

5月下旬発売
 beyerdynamic
 ・DT60 PRO (カナル型) →詳細( http://www.tascam.jp/
 ・DT235 (オーバーヘッド型)
 ・DTX35 (ネックバンド型)
   記事 http://www.phileweb.com/news/d-av/200805/16/21031.html

 KOSS
 ・KEB/20DVD (カナル型)
   記事 http://www.phileweb.com/news/d-av/200805/16/21037.html

6月上旬発売
 PHILIPS
 ・SHE9850 (カナル型)
 ・SHP9000 (オーバーヘッド型)

6月下旬発売
 audio technica
 ・ATH-CK300 (カナル型) →詳細( http://www.audio-technica.co.jp/ )
   記事 http://www.phileweb.com/news/d-av/200805/23/21098.html

7月上旬発売
 PHILIPS
 ・SHE9800 (カナル型)

【耳掛け型ヘッドホン】 インターコンプ IHP-2002 レビュー

インターコンプ/IHP-2002
型式:密閉・ダイナミック
用途:ポータブル・リスニング
ドライバー口径:φ30mm
出力音圧レベル:109dB/mW
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:20~20,000Hz
質量:約38g
備考:延長コード(1m)
購入価格:¥100
参考URL:----
ihp-2002.jpg

オールプラスチックの安っぽい作り。装着感はいまいち。
イヤフックがほとんど動かないため装着に手間取る。
また、耳への密着度が高く、やたらと蒸れる。
Y字コードで太さが1mm程度の貧弱なビニール製。
その割りに付属の延長コードはそれなりにしっかりした作りになっている。
遮音性は悪い。音漏れは多い。デザインに関してはノーコメント。

音のバランスは高音寄りだが低・中域の不足感はない。
金管楽器の表現は時折、黒板に爪を立てるような耳をつんざくキツさがある。
低域は多すぎず少なすぎず。ややぼやけ気味。超低域は控えめ。
中域も必要量は出ているが繊細さや温かさはいまひとつ。
男性ボーカルはやや引っ込むが女性ボーカルは前面に出る。
案外聴けるがソースによって上擦りが多々あるのが気になる。
解像度・分解能は価格の割になかなか良い。
音場はやや広め。定位は悪くない。篭りは少なめであまり気にはならない。
楽器の生っぽさはあまり感じないがなんとか聴けるレベル。
どちらかと言えば打ち込み系の音表現は不得手。
敢えて得意ジャンルを挙げるならクラシックやイージーリスニング。
在庫処分品として100円で購入したが出来はそこまで悪くない印象。

ダイソー 500円 SOUND-HEADPHONES-NO.2との比較
音場の広さはIHP-2002が上。解像度・分解能はほぼ互角。
ボーカルの聴き易さ、クセの少なさはダイソー500が上。
高域のキツさが少なく聴き疲れしにくいのもダイソー500。
低音の量・音の線の太さはIHP-2002が上。
繊細さならダイソー500。迫力が欲しいならIHP-2002。

日記

PCで音楽を聴く際はLilithでロスレス音源を聴きます
 (Lilith → SE-U33GX → GX-D90 → ヘッドホン)

以前の記事にも書きましたが圧縮をTAK形式にしました。
しばらく使ってみましたがcueシートの読み込み速度は良好。
TTAよりも読み込みが早くて快適です。

tak1.jpg


日記

t-7m-fostex.jpg

視聴した音が恋しくなって結局T-7M買いました。7,560円。
ゴツいプラスチック製の堅牢なパッケージで宇宙を漂ってても違和感無さそう。
タイムカプセルっぽい。裏面には英仏独日語のそれぞれの説明文。
音についてはいずれ書くとしてセミオープンのせいか音場が広い。
音の定位感も今のところ文句なし。音の質は同価格帯のATH-PRO5より断然好みです。

cross_fercia.jpg

委託待ちしてたCD購入。pizzicato stringsの新作。
激しい曲半分まったり曲半分という感じで抑揚があって途中でダレずに聴けます。
「最果て」という大編成のオーケストラチックな曲がお気に入り。

日記

そろそろ新しいヘッドホン買おうかと画策中
使い分けできるものはないかいろいろ視聴しました

SONY MDR-SA1000、MDR-SA3000、MDR-SA5000
高解像度・高分解能・音場広い・定位感良し・装着感良し
高音よりで音が硬い。個々の音の輪郭がくっきり
音はかなり明瞭、ボーカル表現は中の上
正直、低音が物足りない。これだという強みがなく中途半端。
明瞭な高音好きの人にはかなり良い機種だと思った
でもAD700の高音を思いっきり持ち上げたらこんな音だよなと思いスルー。

DENON AH-D1000、AH-D2000、AH-D5000
独特の音場表現。耳が蒸れる。装着感はそれなり
音に温かさ・柔らかさがある。バランスが良い。
音は基本フラットのようなので悪いクセも感じなかった。
ボーカル表現はなかなか巧い。個人的に好きな音。

FOSTEX T-5M、T-7M
視聴機の隅っこにあった機種。見た目からレトロ臭が漂う
外見に似合わず柔らかく細かい音表現が巧かった。
あっさりとした音。値段が比較的安いのにも惹かれた。
でもイヤパッドは破け、左からしか音が出ていなかった。悲しい。
側圧もキツくなかったし余裕があれば買うかもしれない。

とりあえず今日は安く売られていたAH-G300を購入。
AH-D301も視聴したけどAH-G300の方が全体的に音が硬い。
低音もあまりぼんやりとは広がらず、やや硬め。響きも若干抑えられているようだ。
AH-D301の音の質感の方がAH-Dシリーズの音作りに近いと感じた。
それにしてもG300、実売3000円程度にしてはコストパフォーマンスはかなり良いと思う。

【カナル型ヘッドホン】 M-AUDIO IE-10 レビュー

M-AUDIO/IE-10
型式:密閉・バランスドアーマチュア
用途:ポータブル・モニター
出力音圧レベル:115dB/mW
インピーダンス:13Ω
再生周波数帯域:20~13,000Hz
質量:14g(ケーブル含む)
備考:イヤピース(3サイズ+ダブルフランジ+低反発ピース)
   &各種変換プラグ&クリーニングツール&合成皮キャリングケース付属
購入価格:¥14,700
参考URL:http://www.m-audio.jp/products/jp_jp/IE10-main.html

ie-10.jpg

今回はダブルフランジチップを使用。
付属のイヤチップが豊富なのでいろいろと試して自分に合うものを選んでもらいたい。

装着すると耳とチップが吸着し固定されるため鼓膜に圧迫感がある。
ほとんどズレはなく、動いても不意に外れることは無い。
耳にかけるケーブルは若干煩わしく感じる部分も。
装着に手間取りがちで耳の穴が小さいとダブルフランジチップは付けるのは難しい。
遮音性はかなり高い。音を鳴らしている最中は周りの音はかなりカットされる。
音漏れも極めて少ない部類。遮音性と音漏れはイヤーピースに依存する。
音量は取りやすいが再生機器からのホワイトノイズを拾いやすい。

音場は左右にやや広い。綺麗に整った音場で窮屈には感じにくい。
空間表現もなかなか巧く、臨場感を十分に感じられる。
音の定位ははっきりと分かるし音の分離性能は概ね良い。

音は全域にわたってフラット。クセは極めて少ない印象。
超低域も出ており低域の不足感もない。ぼやけず締まった低音。
高域のキツさもなく、無駄に音を誇張することもない。
派手さや力強さとは違う方向の瑞々しく落ち着いた音の質感。
地味な音ではあるが音の棘やキツさもなく長時間聴いていても疲れにくい。
ボーカルの魅せ方はかなり巧い。線がやや細めだが前面に出るし薄い艶もある。
不満を挙げるなら高域の音の伸び。楽器の温かさ・柔らかさ・響きの少なさ。
また、定位感は良いものの、上方向に伸びにくい音場にはやや不満が残る。
良くも悪くもありのままに鳴らすので面白みに欠ける感じが否めないが
クラシックやロックなど様々なジャンルの音楽に順応してくれる。
ボーカルを楽しみたい人には特におすすめできる機種。

M-AUDIO/IE-10
POPS
ROCK
 CLASSIC 
 JAZZ 
 VOCAL 
4
3
3
3
5
ELECTRONICA
Easy Listening
DJ
4
4
3
 解像度  分解能  音場表現 
快適性
C/P比
4
4
4
3
3
 5段階評価で「3」が水準、「5」が優。
 ※この表は現在試行運用中です。

日記

最近部屋にナメクジが大量発生してます。雨の日は遭遇確率70%くらいです。
ヘッドホンは個別に用意した袋に入れているので侵攻はされないと思いたい。
AV機器に危害を加えるようであれば駆除を考えますが今のところ問題はないようです。

SHL9500のレビューRH-300との比較を追加しました。
ついでにヘッドホン索引のリンクミス修正。

プロフィール

nr0113

Author:nr0113


《ヘッドホンレビュー》
  ・・・おすすめ
  ・・・ノンストレス
  ・・・高コストパフォーマンス

AKG
 ・K24P

Atomic Floyd
 ・TwistJax AcousticSteel

AUDEZ'E
 ・LCD-2 
 ・LCD-3 

audio-technica
 ・ATH-CK5
 ・ATH-T22
 ・ATH-PRO5V
 ・ATH-AD700 
 ・ATH-W5000 

beyerdynamic
 ・DT250/80 
 ・DT660 Edition2007
 ・DT770 PRO
 ・DT880 PRO 
 ・DT990 PRO 
 ・DT1350
 ・DTX10
 ・DTX50
 ・T1 

BUFFALO KOKUYO SUPPLY
 ・BSEP02
 ・BSEP03

CREATIVE
 ・EP-480
 ・EP-630 
 ・EP-830
 ・EP-AVNAIR
 ・HQ-1900
 ・HP-AURVN-LV 

DENON
 ・AH-C350
 ・AH-C452
 ・AH-G300
 ・AH-D7000 

Etymotic Research
 ・ hf5 

FISCHERAUDIO
 ・DBA-02

FOSTEX
 ・KOTORI 201
 ・T-7M 
 ・TH900 

GRADO
 ・PS1000
 ・SR60 
 ・SR325i 

HiFiMAN
 ・HE-5LE

KENWOOD
 ・KH-C311

KOSS
 ・SPARKPLUG
 ・KSC75 

M-AUDIO
 ・IE-10 

maxell
 ・HP-CN40

PHIATON
 ・PS500

PHILIPS
 ・SHE8500
 ・SHE9000
 ・SHE9501 
 ・SHE9550
 ・SHE9700 
 ・SHL9500
 ・SBC-HP830
 ・SBC-HP1000 

Pioneer
 ・SE-CL17
 ・SE-CLX50

ROLAND
 ・RH-300 

SENNHEISER
 ・HD555 
 ・HD650 
 ・MX460
 ・MX980

SHURE
 ・SRH940

SONY
 ・MDR-E10SP
 ・MDR-EX1000 

STAX
 ・SR-001MK2
 ・SR-007A 

Ultimate Ears
 ・Triple.fi 10 Pro 

ULTRASONE
 ・HFI-780
 ・edition9

Victor
 ・HP-RX500 
 ・HP-FXC50

オーム電機
 ・HP-E550N
 ・HP-H500N 

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。