OTAKU-MOTION

レビューは右側のリンクからどうぞ (※たぶん全部新ウインドウで開きます)
トップ2008年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

【カナル型ヘッドホン】 Ultimate Ears Triple.fi 10 Pro レビュー

Ultimate Ears/Triple.fi 10 Pro
型式:密閉/トリプル・バランスドアーマチュア
用途:ポータブルリスニング&モニター
出力音圧レベル:117dB/mW
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:10~17,000Hz
質量:17g(ケーブル含む)
備考:シングルフランジイヤチップ(S/M/L)、ダブルフランジイヤチップ、
    スポンジパッド、サウンドレベル・アテニュエータ、ステレオ標準変換プラグ
    クリーニングツール、専用メタリックケース、60cm延長ケーブル付属
    ※現行ロット(2009年2月以降のもの)は付属品に若干違いがある模様。
購入価格:¥49,800
参考URL:http://www.ultimateears.com/

ue_10pro_02.jpg

装着感はカナル型としては良くもなく普通程度。
密閉した時の鼓膜への圧迫感が若干キツい。
コードを耳掛けするのがやや面倒。本体の重さはそれほど感じない。
音漏れ防止・遮音性ともに優秀。これらの点はIE-10とほぼ同じ。
地下鉄でも普通程度の音量の使用で特には問題なし。

解像度・分解能ともに突出したものはないが不満はほとんど無い。
素晴らしい性能と言ってもよいが音線の太さが僅かにネックになっていると感じる。
音場表現は密閉型のカナルとしては良い。UEイヤホン独特の横広な音場。

使用チップはシングルフランジのLサイズ。耳奥に深くは突っ込まない装着。
音は非常にフラットだが細かく言えばやや低音寄り。
全体的に硬いとも柔らかいともとれる中庸の音の質感。耳に硬く刺さる音はない。
線は太めながら繊細さを持ちつつ、迫力を見せるような大胆さがある。
ボーカル表現はなかなか巧い。薄い艶があり、癖も極めて少なく好印象。
コーラスは柔らかでなかなか心地よく耳を疲れさせないので良い。
特に得手不得手のジャンルはないが打ち込み音の表現は非常に巧い。
リバーブの滑らかな動き、フェードイン・アウトの表現にしても美しい。
キックの厚みやスネアロールの分離感なども文句の無い出来。
ドラムやティンパニはやや丸みを帯びるがしっかり鳴らしなかなか迫力がある。
オケなどでのチャイムは重鎮さはやや欠けるが綺麗に伸びるのは良い。
ピアノやギターは無下に張り出したりせず、その上実体感も十分。
金管楽器の鮮やかさは普通、伸びは良い。こちらも張り出さない点良い。
アコースティックは芯のある太めの音で儚く消え入るような繊細さは期待できない。
低域の沈み込みは最後まで伸びきるというほどでもないが悪くは無いレベル。
ロックではエレキなどの荒っぽさがやや後退気味なのも人によっては欠点の一つになるだろう。
ジャズでも楽器の大振りな表現の荒々しさが物足りないために若干の不満を感じる。
基本的には心地よさ・温かみに特化した印象は無く、ある種モニター調とも言える。
自分の好みで考えれば10proの生楽器表現全てを褒めることはできないが
打ち込み音の表現力は惜しげもなく素晴らしいと言える出来。

Ultimate Ears/Triple.fi 10 Pro
POPS
ROCK
 CLASSIC 
 JAZZ 
 VOCAL 
5
4
4
4
5
ELECTRONICA
Easy Listening
DJ
5
4
5
 解像度  分解能  音場表現 
快適性
C/P比
5
5
5
3
---
 5段階評価で「3」が水準、「5」が優。
 ※この表は現在試行運用中です。

IE-10との比較
IE-10とTriple.fi 10 Proは外見は類似しているが音はあまり似つかない。
解像度・分解能・音場表現いずれを比べてもTriple.fi 10 Proが上。
IE-10は僅かに艶がかった音だがTriple.fi 10 Proも同様。度合いは後者の方が強い。
低域の量感の違いからか、IE-10はTriple.fi 10 Proに比べ乾いた鳴りに聴こえる。
コードはTriple.fi 10 Proの方が手触りしなやかで絡まりづらく取り扱い易い。
Triple.fi 10 ProはIE-10のローエンドの弱さと高域の伸びを余りなく補っておりバランスが良い。
一方でボーカル周りはIE-10がすっきりした鳴りでボーカルに特化している。
IE-10は芯の硬さを残す元気な鳴りで10proは柔らかで落ち着いた方向。
ボーカルにスポットを当てて聴く場合はIE-10。楽曲全体を重視する場合はTriple.fi 10 Pro。
ピアノの低音やバスドラの迫力、ギターの倍音やバイオリンの滑らかさなど
とにかく生楽器に関してはTriple.fi 10 Proの方が上手で全体としてかなりの高水準。
打ち込み系の音でもはっきり言ってTriple.fi 10 Proの方が表現力に長けている。
ただ音の質感は違うため、Triple.fi 10 ProがあってもIE-10が不要になることはないだろう。
IE-10はあまりジャンルを選ばない機種だがTriple.fi 10 Proも同様にオールマイティな機種。

SR-001MK2との比較
SR-001MK2のレビュー記事を参照のこと。

スポンサーサイト
12/31/ (水) 09:33| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

日記

ヨドバシでプレミアムヘッドホンガイドブックなる無料配布本をもらった。
yodo_book_1.jpg yodo_book_2.jpg yodo_book_3.jpg
何気に42Pフルカラーで豪華。上質紙使えば普通にお金取れそう。
あとベイヤーのヘッドホンが円高の影響で値下げされた模様。
DT990PROが¥22,500。DT250/80が¥23,000程度(うろ覚え)。

ついでにお気に入りのサークルさんを宣伝。
luna_banner_s.jpg
Pizzicato Stringsの新作「LunA NocturVia」。詳しい情報は本家サイト
独特のメロディーは健在。幻想的でシンフォニックな感じがツボ。
アルバム通して曲調が結構変わるので合うヘッドホン探しが難しい。
T-7M、HP-AURVN-LV辺りで聴くと全トラック滞りなく聴ける感じ。
わりと明るくて元気っぽい曲が多いのでDT660も自分はアリ。


pizzicato strings繋がりで知ったけどこちらも好み。

次回更新(たぶん29、30、31日のいずれか)の10proレビューで年内更新は一応終了

12/26/ (金) 20:44| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

日記

h_b_2009.jpg
ヘッドフォンブック2009。クロスレビューは結構参考になると思った。

Triple.fi 10 Proのレビューを少しずつ執筆中。
10proは探せばいくらでもレビューあるだろうしあまり書く気進まず。
自分としては世間であまりスポットの当たってない機種について書く方が面白い。
まあとりあえず年内の更新は10proで〆たいなー、と。

12/24/ (水) 17:15| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

日記

SE-CLX50
se-clx50_01.jpg

機会があればとか言っときながら結局試聴した翌日辺りに購入。
遮音性はEP-630、HP-FXC50に近いものがあるが意外と音漏れが多い。
SHE9700よりも僅かに漏れを抑えた、というレベル。
まあ構造から考えれば仕方ない部分とは思う(音抜けの孔も多い)。
音は試聴した時と大きなギャップはなく結構好み。
使用チップは付属のL。低音寄りで僅かにドンシャリ傾向。
低域は自分としては過多とは感じないギリギリの量感といったところ。
気になるのが低域がかなり太めの鳴りで音場を狭く感じさせる点。
丸みを帯びていてドラムやティンパニはもたつく形になる。
その分タムなどは量感たっぷりで乾いたような軽い音ではない。
低域の存在感でボーカルはかなり引っ込みがちで多少サ行の擦れあり。
上擦ることや張り出すことはなく他機種でキツめに感じやすいボーイソプラノでも結構綺麗。
全体的に明瞭さは普通程度。楽器の鮮やかさなんかも割と普通。
総評として低音の厚みや分離、音場の狭さがやや足を引っ張っている感がある。
(正直言うと低音主体となるヘヴィロックやメタルなんかは結構酷い有様。)
そういう意味ではやはり値段なりと言えそう。でも好きか嫌いかで言えば好きな機種。
SHE9700やEP-830、10proなどと比べても芯の太さは明らかにこちらが上。
けれども低域がスッと消えずに尾を引く部分がある点は人によって好みが分かれそう。

12/20/ (土) 23:49| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

日記

ずっと気になっていたSE-CLX50を試聴。
外見は少々ゴツいが装着感は悪くなく、比較的良好の部類。
音はそこそこフラット。細かく言えばややドンシャリ傾向か。
高域に一部目立つ部分があったが耳には痛くない。
ローエンドの量感・伸びは普通~やや良い程度。
ボーカルは前面に出ずに奥まるが他音との分離が良く埋もれてはいない。
全体として軽すぎず重すぎない音でなかなか丁寧な鳴り方なのが好印象。
音線がやや太めで聴き応えもあったため低音の効いたポップスに合いそう。
総評では5980円という値段なりの音はしっかり出していたように思う。
買わなかったのは装着感は決して悪くないがどこか違和感があったこと。
でも音は結構好みだったので機会があれば手を出すかもしれない。

次のレビューはまだ未定。10proかKH-C311かHD555か。

12/16/ (火) 21:03| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

【オーバーヘッド型ヘッドホン】 beyerdynamic DT660 Edition2007 レビュー

beyerdynamic/DT660 Edition2007

型式:密閉/ダイナミック
用途:リスニング
ドライバー口径:φ40mm
出力音圧レベル:97dB/mW
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:5~35,000Hz
質量:350g
備考:付属品なし
購入価格:¥22,500
参考URL:http://www.tascam.jp/

dt660_1.jpg dt660_2.jpg dt660_3.jpg

装着感はやや悪い。1時間程度の使用は問題ないがそれ以上はややキツい。
耳を僅かに押しつぶす感覚があるが耳への圧迫感はそれほど気にならない。
耳を収める空洞は広く、なかなかゆとりがある。側圧は強めで下を向いてもズレ落ちない。
耳自体への圧迫感は少ないが、イヤパッドがちょうど顎の付け根の上あたりに乗る感じで
そこに側圧が加えられることで顎の付け根が常に押さえられるという不快感が気になる。
頭頂部は柔らかな合皮のクッションがあり上から押し付けられるような感じは少ない。
耳に触れるベロア製パッドは固めだが使い込むと徐々に柔らかく馴染んでくる。
開封時はイヤパッドに謎の酢酸臭がしたのだが一週間ほど経つと消えてくれた。
ヘッドバンドには調整機構があるが油を塗ったようにスムーズに動くため位置が固定しづらい。
ただ、最短の状態でヘッドバンドがかなり長いため自分は一切伸ばさずにギリギリの装着。
バンドが短すぎて装着できないというよりも長すぎて装着できない可能性が高そうだ。
つまりは頭の小さい人は要注意。逆に頭の大きい人にとっては大きな問題ではないだろう。
本体重量は350gとずっしりとした重さがあり快適とは言いにくい。正直重い。
当機は2007年にデザインが一新されたもの。初代DT660は既に生産終了となっている。

遮音性は密閉型ほぼ水準並。空調の音などは5~6割ほど静かになる。
周囲の騒音を遮断するのには必要十分と言ったところ。
音漏れは密閉型にしてはやや多め。これはイヤパッドのせいだろう。
音量を絞れば音漏れはそれほど気にならないが外で使うには少し厳しい。

解像度・分解能ともになかなか良い。
音像はくっきりと描写し、かつ他の音とは被らず完全に個々の音が住み分けている。
音場は密閉にしてはなかなか広い。僅かに遠くで音を鳴らすため奥行きがある。
イヤパッドの内径が広いためどこに耳を位置させるかで定位に若干の変化がある模様。
かなり無骨な外観だが音量は取り易く、ポータブル機器でも特別使いにくい印象はない。

音はやや高音寄りのバランス。
ローエンドは量・伸びともにやや弱く、ベースやバスドラが前面に出づらい。
ボーカルは張り出す癖は目立たず、コーラスの分離は良い。
ただ全体として心地よさに若干欠け、落ち着きがあまり感じられない。
もたつくような低域が極力抑えられていることで躍動感のある表現ができている。
ギターやバイオリンは線が細身なのが気になるが滑らかでなかなか良い。
フルートの線の細さの中にもしっかりと芯の通った華麗な表現。
ホルンのような金管楽器ではかなり硬めの質感で好みが分かれそうだが非常に鮮やか。
鉄琴やオーケストラチャイムのような金属音は生々しく素晴らしい表現で
生音をそのままサンプリングしたかのように非常に澄んでおり一線に美しく伸びる。
ドラムやスネアは音を凝縮したようなタイトで歯切れの良いアクセントとなっている。
曲中のティンパニ、ドラムロールの制動やギロの細かな起伏までも聴き取れる高い分解能。
ハンドクラップ音までも輪郭を浮き彫りにし、硬さを感じてしまうのには若干の違和感。
全体として硬さのある特徴的な音だが不思議と嫌味はなくオケでも十分聴き易い。
エレクトロニカはかなり得意な印象で微細音まで捉えつつ、音の動きも楽しめる。
DJヘッドホンのようなゴリ押しで聴かせるタイプではなくアンビエンスな電子音表現も巧い。
DJユースとして見れば躍動感のあるタイトな低音と高域の開放感が味わえる点は良いが
もう少しローエンドの厚みやキックを前面に押し出す力強さがあれば尚良かっただろう。
軽快なレトロポップや微細音が散りばめられたエレクトロニカを聴く人にはおすすめの機種。

beyerdynamic/DT660 Edition2007
POPS
ROCK
 CLASSIC 
 JAZZ 
 VOCAL 
5
4
4
3
4
ELECTRONICA
Easy Listening
DJ
5
3
4
 解像度  分解能  音場表現 
快適性
C/P比
4
5
4
3
3
 5段階評価で「3」が水準、「5」が優。
 ※この表は現在試行運用中です。

DT250/80との比較
解像度・分解能はDT660が良い。全域に渡って芯のある音で個々の音を正確に浮き彫る。
音場はDT660の方が多少広いがDT250に比べてどこか全体を見渡しにくい定位。
音はDT250はやや低音寄りのフラット。DT660はやや高音寄りのバランス。
DT250は低音の豊かさから若干篭る感じがある。DT660は音全体が鮮明。
ローエンドの伸び・量感ともにDT250が上。DT660はやや量感不足気味。
逆に高域音の伸びはDT660の方が上で、DT250はある程度の伸びで頭打ちになる。
バスドラの沈み込みや柔らかさはDT250。DT660はかなりタイトで細身、かつ硬い質感。
迫力や力強さはどちらもほぼ互角だが芯の太いDT250の方が存在感がある。
クラリネットの鮮やかさや張りの良さはDT660、ホルンの雄大さや迫真性はDT250が良い。
ボーカルやコーラスはDT250の方が落ち着いており心地よく、癖もなく安定している。
DT660は爽やかなボーカルが楽しめるが線の細さと若干の擦れが気になる。
DT250は音全体が大人しくどっしりとした鳴りだがDT660はあっさりした鳴り。
クラシックはどちらも十分聴けるレベルだがDT250の方が原音らしいという点では好印象。
ただDT660と比べるとソースによって解像度・分解能に乏しいと感じてしまう部分がある。
ジャズでのブラスやピアノの表現、差し迫るような音の実体感はDT250の方が良い。
DT660はアコギやハープを弾くような瑞々しさやチャイムの鋭く伸びるような表現が巧い。
聴き疲れしにくいのはDT250。DT660は音と装着感双方のキツさを感じる。
元気で明るめの曲を聴く場合はDT660。ゆったりと落ち着いて曲を楽しむならDT250。
また、硬質で繊細な音が好みならDT660。柔らかで重厚な音が好みならDT250。

SRH940との比較
どちらもやや高音寄り。
装着感に関しては頭頂圧を感じにくく側圧が弱めなのはSRH940。
耳周りが多少フリーになるが側圧が強いのはDT660。
DT660の方が硬質な音の質感。音場の広さはほぼ互角、明確さはDT660が良い。
帯域を満遍なく鳴らす点ではSRH940が上だが微細音描写力・明瞭さはDT660がやや上。
DT660はローエンドが非常に薄いがSRH940はローエンドまでそれなりに出る。
ローエンドからくる空気感・温かみ・響きやドラムの厚みはSRH940の方がある。
DT660の方が低域の量感は少なく、張りがありタイトでかつキレのある質感。
SRH940の方がドラムやベースは太く柔らかめ。響きはSRH940の方がやや多い。
ボーカルの厚みはSRH940がややある。しっかりと芯が通っているのはDT660。
金管楽器はDT660の方が芯のある硬めの鳴りで高い音で鮮やか。
ふくよかさや温かみはSRH940の方があり、ゆったりと聴きたい場合に向く。
金属音の描写はDT660の方が巧い。耳にキツい部分もあるが非常に鮮明かつ重鎮。
どちらも重い低音を出さず全体的に軽快な音傾向だがDT660の方がその傾向は強い。
電子音系ではDT660の方が音の質感・明瞭さ・タイトさで相性が良い。
フラット志向・低域から高域まで安定して鳴らすという意味ではSRH940の方が良いが
リスニング用途で使い分けや個性を求めるならDT660の方が楽しめる印象。

12/14/ (日) 10:23| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

日記

HD555、なかなかバランスが良いと感じる。
しかし意外と側圧が強かったりと試聴で分からなかった良い点悪い点が少しずつ浮き彫りに。
近々、HD555・SR60・ATH-AD700・SBC-HP1000の開放型4つを軽めに比較しようかと。
HP1000は既に生産終了だが3つだけってのもなんか寂しいし比較に入れるつもり。

次回更新あたりでDT660のレビュー予定。
比較機種は同じベイヤーの密閉型ということでDT250/80。
実のところDT660はあまり聴き込んでおらず使用時間は10h程度。
音は悪くないのだが装着していて結構重く、側圧も強めなので使用頻度が低くなりがち。

12/11/ (木) 17:29| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

【カナル型ヘッドホン】 KENWOOD KH-C311 ファーストインプレ

KENWOOD/KH-C311
kh-c311_1.jpg
装着方法あたりは先日のものと同じ。チップはMサイズに変更。

音傾向はやや高音寄り。
細かく言えば高音寄りのややドンシャリとも言えそうだが明らかに高域の方が目立つ。
かといって高域の伸びが良いかと言えば至って普通。
超低域の量・伸びともにかなり弱く、ベース・バスドラは量感や厚み不足が気になる。
その割りにドラムは持ち上がって鳴るが重みに欠けていて沈み込みも甘い。
全体として硬めで造ったような軽く明るい音。篭りはほとんど感じない。
金管楽器は鮮やかで迫力十分だが時折耳にキツいのが気になる。
シンバルやハイハットは乾いていて硬さのある鳴りで多少耳障り。
ボーカルは明瞭だが女性ボーカルはハイトーンで上擦りがち。男性ボーカルも同様。
またサ行などの痛さも多少ある。芯があり硬めのボーカル。
とりあえず自分が欠点として気になるのは音の柔らかさや温かみの不足。
ボーカルでも艶っぽさや柔らかさとは程遠く、心地よさに欠ける。
アコギは線が滑らかで綺麗目に鳴るが硬く若干潰れ気味な点がいまいち。
ボーカルの明るさ、一部高域音の滑らかさという点のみ抽出すればIE-10に近いものがある。
ただ (比べるのは可哀想だが) IE-10と比べると良いと感じる部分はほとんどなし。
しかしソース次第で「あれ?結構良いかも」と思う時もあるじゃじゃ馬っぷりの機種。

KENWOOD/KH-C311 (ファーストインプレ)
POPS
ROCK
 CLASSIC 
 JAZZ 
 VOCAL 
3
2
3
2
3
ELECTRONICA
Easy Listening
DJ
4
2
2
 解像度  分解能  音場表現 
快適性
C/P比
3
3
2
3
---
 5段階評価で「3」が水準、「5」が優。

いろいろと惜しいところまでいってるのは分かるんですが
総評としてはおおよそ値段なりの出来という感じです。
(正直言えばEP630、SHE9700、HP-FXC50と肩を並べる出来ではないと感じる)
この点、いずれ比較レビューする際に詳しく書きたいと思います。

12/08/ (月) 10:16| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

日記

KENWOOD/KH-C311
kh-c311_1.jpg kh-c311_2.jpg kh-c311_she9700.jpg

KH-C311。珍しく低価格でイヤループ装着可能ということで購入。
しかし、いまいち耳に合わず結局普通のイヤホンの装着法で落ち着いた。
使用チップはLサイズ。シリコン製でSHE9700に近い質感のチップ。
耳奥に入れるのは圧迫感がしんどいので浅めの装着。
これならばSHE9700っぽく耳の入り口に軽く置く感じでなかなか装着感良好。
音漏れ防止は水準やや下。ただ小~中音量ならば音漏れの心配はあまり無いように思う。
写真二枚目にもあるように2つの小さな音抜け孔(見えにくいがアルミ部とボディ部に)あり。
この孔に対する干渉(例えばチップで塞がるなど)で音に変化があるかもしれないが未確認。
遮音性は厳しく言えばいまひとつ。10proほどの遮音性はなくEP630,FXC50よりもやや悪い。
予想してなかったが人によっては遮音性・音漏れ防止がネックになる可能性がある。
機体の大きさはSHE9700より少し大きい程度か。ステム径はほぼ同じでチップ流用可能。

とりあえずD-NE730で聴いた感想だがこれほど超低域の弱いカナルも珍しい。
低音が出ないと評判のATH-CK5の方が超低域で量・伸びともにやや上という印象。
ベース、バスドラの存在感があまりに希薄。ジャズでは音がやけに軽くいまひとつ。
冷静に見てATH-CK5の方がフラット傾向でボーカルに癖が無いという。
ただオケのティンパニなどはそこそこの迫力で歯切れ感がある点は結構好みではある。
KH-C311の音についてのインプレは後日もう少し書く予定。

店舗にXB体験コーナーなるものがありXB700とXB40を試聴。
XB700は柔らかい装着感が新鮮で良かった。

12/04/ (木) 22:33| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

日記

SENNHEISER HD555
そこそこフラットな音作り。装着感文句なし。
試聴では気付かなかったが超低域の量、伸び共にやや弱めな印象。
とはいってもDT250から見た相対的なものだし開放型にしては十分な部類かと思う。
レビューはしばらく先になりそう。まずはDT660を消化しなければ。

hd555_01.jpg hd555_02.jpg

据え置きCDプレイヤーが音飛びするようになった。
CDの頭から再生すれば問題ないけどトラック指定した途端ブツブツ切れる。
でもあんまり使わないし放置中。

12/01/ (月) 20:43| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
プロフィール

nr0113

Author:nr0113


《ヘッドホンレビュー》
  ・・・おすすめ
  ・・・ノンストレス
  ・・・高コストパフォーマンス

AKG
 ・K24P

Atomic Floyd
 ・TwistJax AcousticSteel

AUDEZ'E
 ・LCD-2 
 ・LCD-3 

audio-technica
 ・ATH-CK5
 ・ATH-T22
 ・ATH-PRO5V
 ・ATH-AD700 
 ・ATH-W5000 

beyerdynamic
 ・DT250/80 
 ・DT660 Edition2007
 ・DT770 PRO
 ・DT880 PRO 
 ・DT990 PRO 
 ・DT1350
 ・DTX10
 ・DTX50
 ・T1 

BUFFALO KOKUYO SUPPLY
 ・BSEP02
 ・BSEP03

CREATIVE
 ・EP-480
 ・EP-630 
 ・EP-830
 ・EP-AVNAIR
 ・HQ-1900
 ・HP-AURVN-LV 

DENON
 ・AH-C350
 ・AH-C452
 ・AH-G300
 ・AH-D7000 

Etymotic Research
 ・ hf5 

FISCHERAUDIO
 ・DBA-02

FOSTEX
 ・KOTORI 201
 ・T-7M 
 ・TH900 

GRADO
 ・PS1000
 ・SR60 
 ・SR325i 

HiFiMAN
 ・HE-5LE

KENWOOD
 ・KH-C311

KOSS
 ・SPARKPLUG
 ・KSC75 

M-AUDIO
 ・IE-10 

maxell
 ・HP-CN40

PHIATON
 ・PS500

PHILIPS
 ・SHE8500
 ・SHE9000
 ・SHE9501 
 ・SHE9550
 ・SHE9700 
 ・SHL9500
 ・SBC-HP830
 ・SBC-HP1000 

Pioneer
 ・SE-CL17
 ・SE-CLX50

ROLAND
 ・RH-300 

SENNHEISER
 ・HD555 
 ・HD650 
 ・MX460
 ・MX980

SHURE
 ・SRH940

SONY
 ・MDR-E10SP
 ・MDR-EX1000 

STAX
 ・SR-001MK2
 ・SR-007A 

Ultimate Ears
 ・Triple.fi 10 Pro 

ULTRASONE
 ・HFI-780
 ・edition9

Victor
 ・HP-RX500 
 ・HP-FXC50

オーム電機
 ・HP-E550N
 ・HP-H500N 

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。