OTAKU-MOTION

レビューは右側のリンクからどうぞ (※たぶん全部新ウインドウで開きます)
トップ2009年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

【オーバーヘッド型ヘッドホン】 GRADO SR325i レビュー

GRADO/SR325i

型式:開放・ダイナミック
用途:リスニング
ドライバー口径:φ40mm
出力音圧レベル:98dB/mW
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:18~24000Hz
質量:230g
購入価格:¥31,400 ※生産終了
備考:2009年4月にマイナーチェンジ、SR325is に改称
参考URL:http://www.gradolabs.com/product_pages/sr325.htm

sr325i_01.jpg

装着感は総合的に見るとイマイチ。
ヘッドバンドが特殊な金属製で自由に変形させて頭に合わせることが可能。
これによって側圧を自分に合うようにある程度は調節できる (SR60と同様)。
側圧が強めだとドライバが耳を押しつぶすため両耳が短時間で痛くなる。
かといって側圧を弱めると両耳への負担は和らぐがちょっとした拍子にズレる。
たとえば少し前かがみになるとハウジングの重みで体前方に本体がズレ落ちそうになり、
椅子に身体を預けようとすると背中側に本体がズレ落ちそうになる。
使い始めるとまず最初にぶつかる壁が自分がある程度妥協できる装着感探し。
ハウジングが金属製で手で持つとずっしりとした重さを感じる。
遮音性はほぼ皆無。音漏れはかなり盛大でスピーカー代わりに使えるほど。
コードは両出し、長さは邪魔にならない程度で扱いやすく不便さはなし。
コードはSR60の光沢のあるツルツルした質感とは僅かに差異があるように思う。
少しさらさらとした質感でしなやか。それによって絡まりにくく取り回しやすくなっている。

音場の広さは耳のせの開放型とすれば普通。
左右に僅かに広がりがあるものの奥行きはいまひとつ感じられない。
解像度・分解能共に良好。普通に聴く分にはほとんど問題ない性能。
量感と厚みのある音だがローエンド弱めのため音場に篭りはほとんど感じない。

音傾向はドンシャリ。
低域の音は若干多め。ドラムやキックはややタイトで太く厚みがある。
開放型とは思えないほどの重みと力強さがあるドラムを鳴らす。
ボーカルの線はやや太めでしっかりしているし明瞭さはかなり良い。
それでいてハイトーンなボーカルでも張り出したり上擦るキツさは皆無。
コーラスにしても気になるような癖はないし、なにより実体感があって聴き易い。
高域の音は抜けが良く、金属楽器の重鎮さや質感・鮮明な音色の表現が巧い。
シンバルやハイハットはシャリつきやすい傾向にあるが耳にはキツくない。
ピアノは実体感も十分、抜けも絶妙。澄んだ音でありながら量感も程よいバランス。
とはいえ他の機種と比べると明らかに高音が硬く、人によっては受け入れにくいかもしれない。
ローエンドの伸びにしろ高域の伸びにしろあと一歩欲しいが決して悪くない。
むしろローエンドを削っていることでドラムのもたつかない躍動感と迫力が味わえる。
ドラムやスネアの歯切れのよさと存在感のある音の重みによってかなりノリよく聴ける。
ギターはソースによってやや太い鳴りのように思うがロックサウンドとの相性が良い。
ピアノやボーカルなどの一部表現は合う人にはこれ以上ないほどに合うだろう。
ポップスやロックを元気に鳴らしたい人にとっては一つの到達点の機種に成り得る。
あえて不満を挙げれば装着感や音場表現の程度だがそれを補って余りある魅力を持っている。

GRADO/SR325i
POPS
ROCK
 CLASSIC 
 JAZZ 
 VOCAL 
5
5
4
3
5
ELECTRONICA
Easy Listening
DJ
4
3
4
 解像度  分解能  音場表現 
快適性
C/P比
5
4
4
2
2
 5段階評価で「3」が水準、「5」が優。
 ※この表は現在試行運用中です。
SR60との比較
どちらもドンシャリ傾向だがSR60の方がよりフラットなマイルド調。
解像度・分解能はSR325iがやや上。音場はSR325iが左右に僅かに広い。
全体の音の明瞭さはSR325iが良く、そのためSR325iの方が定位も明確に感じやすい。
ローエンドはどちらも弱めだがSR325iの方が主張が強めでやや目立つ。
ベース・ドラムはSR60の方が地味。SR325iの方が太く前面に出る。
SR60と比べて一聴して分かるほどのどっしりした低音の重さがSR325iでは感じられる。
ボーカルは厚み・迫真性・明瞭さなどほとんどの面でSR325iがワンランク上の表現。
音の切れや躍動感、音抜けの良い表現などもSR325iの方が一枚上手。
弦楽器にしろ金管楽器にしろSR325iの方がやや硬質で繊細かつ鮮やか。
双方とも元気な楽曲を楽しく聴けて派手なイメージがあるが意外と聴き疲れしない。
全体的に見てSR325iの方が音は鮮明かつ派手で力強い鳴りをする。
SR325iの後に聴くSR60は音が大人しすぎて楽しめないとすら思えてしまう。
基本性能や個性という点で見るとSR325iの方が魅力的に感じる部分が多い。
得意ジャンルはどちらもポップス・ロック。使い分けるなら基本的にSR325i、
SR325iの派手なドンシャリを避けたい時や装着感を重視する場合のみSR60。

DT990PROとの比較
どちらもドンシャリ。
解像度・分解能はどちらも同等。音場はDT990の方が一回りは広い印象。
低域の厚み・重みはほぼ互角。ローエンドはDT990の方が伸びる。
ドラムの質感はSR325iの方がやや硬く、弾力性のある感じ。
対してDT990は柔らかな質感で鈍くどっしりと沈む。
高域の鮮やかさはどちらも高水準だがSR325iの方が明瞭。
金属系の楽器ではSR325iの方が硬質で芯が太く張りがある表現。
音の迫力や実体感はどちらも素晴らしいがDT990の方が上に感じることが多い。
バスドラやシンバルの余韻を味わいたいならDT990の方が用途は合うだろう。
相対的に見てボーカルが前面に出て、かつ明瞭なのはSR325i。
ボーカルに癖がないのもSR325i。コーラスの柔らかさ・心地よさはDT990の方がある。
アコギのような弦楽器ではSR325iは線が太く少々硬すぎか。
DT990の方が細かい描写が出来ているし、弦の滑らかさ・柔軟さを持っている。
力強いボーカルや明るいポップスやロックを聴く場合はSR325i。
クラやジャズを聴く場合やSR325iの音が硬すぎたり繊細さ不足に感じるならDT990。

スポンサーサイト
05/21/ (木) 19:06| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

日記

aa6_d6.jpg
Pioneer A-A6 PD-D6が到着。
値下がりしていて購入したのだが、つい先日に後続機が発表された。
http://www.phileweb.com/news/audio/200905/14/8929.html (新窓)
A-A6とPD-D6の感想はいずれ時間があれば書きたいと思う。

05/16/ (土) 22:01| 未分類 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

日記

急にCDPを新調したくなって家電屋へ。
片っ端から手持ちのDT250を繋いで試聴した結果、気に入ったCDPとプリメイン購入。
試聴ではあるがヘッドホン出力は自分好みだったので期待。
試聴のインプレはやや低音寄りで柔らかめの質感。それでいて力強い音。
低音寄りのヘッドホンではソース次第で聴きづらくなりそうな印象。
(今、冷静に考えると手持ちだとDT880くらいしか合わないんじゃないかと少し心配)
音場はやや広く、低域の柔らかさも相まって心地よさが感じられた。
高域はそこまで伸びる印象はなかったがDT250ならこんなものだろう、と。
セットで15kgくらいの重さだったので配送を頼むことに。今週末に届く予定。

05/12/ (火) 00:52| 未分類 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

日記

hd650_01.jpg
SENNHEISER HD650を購入したので少しインプレ。
外観はプラスチック調で作りは案外安っぽいように思う。
ショーケース越しだとかなり高級に見えたけれど実物触ると結構がっかり。
布製イヤパッドもDT880PROと比べるとゴワゴワしていてこちらも安っぽい。
頭頂部の負担はあまり気にならずオーテクのウイングサポート風の感触。
側圧は自分にはややキツめ。HD555と比べても若干強いように感じる。
スペック上、HD555と同じ重量(260g)なのだがHD650の方がやや重く感じる。
ケーブルはT-7Mっぽく細身かつしなやかで絡まりにくく取り回しやすい点は好印象。
基本性能は値段から見ると十分納得できる出来。
特に明確な音場表現と個々の厚みある音表現は見事。
DT880PROが繊細さ・キレというならばHD650は迫力・ふくよかさという感じか。

世間的に高評価の機種で確かにそれだけの性能を持った機種だと思う。
ただ、この音バランスならばもう少し柔らかく繊細さを持った音が自分好みではある。
自分のよく聴くジャンルや装着感を考えるとDT880PROの方が使用頻度は高くなりそうな予感。

05/04/ (月) 09:11| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

【オーバーヘッド型ヘッドホン】 beyerdynamic DT880PRO レビュー

beyerdynamic/DT880 PRO

型式:半開放/ダイナミック
用途:リスニング
ドライバー口径:----
出力音圧レベル:97dB/mW
インピーダンス:250Ω
再生周波数帯域:5~35,000Hz
質量:295g
備考:収納ケース付属
購入価格:¥33,900
参考URL:http://www.tascam.jp/

dt880pro_01.jpg

装着感は非常に良好。1時間程度の使用は特に問題ない。
耳を僅かに押しつぶす感覚があるが耳への圧迫感はそれほど気にならない。
耳を収める空洞は広く、なかなかゆとりがある。下を向くと僅かにズレる。
側圧を緩めたい場合はヘッドバンド長にゆとりを持たせることで快適になる。
耳に触れるベロア製パッドは最初固めだが使い込むと徐々に柔らかく馴染んでくる。
ヘッドバンドには調整機構があり簡易な段階調節機構。
バンド長は程よい長さで使い勝手は良い。本体重量は295gとやや重い。
厳しく見るならもう少し本体が軽量であれば嬉しかったところか。
ケーブルはカールコード。デフォルトで1m弱、伸張時は3m程度まで伸びる。
遮音性はいまいち。空調の音のような雑音は耳に入ってくる。
半開放型だが音漏れは多い。この辺りはフルオープンのものと大差なし。
音量はかなり取りづらく、クラシックなどではボリュームを大きく回す必要がある。

解像度・分解能ともに価格なりのものを持っている。
高域の広がりやローエンドの豊潤さから相対的に分離はやや甘いと感じるが特に不満はない。
音場は十分な広さがあり定位はなかなか明確。前方定位も若干だが感じられる。

音は広い目で見ればフラットだが細かく言うなら高音寄りのややドンシャリ。
ローエンドは量感・伸びともに十分。迫力を求める場合は人によっては必要量少なめか。
ベースは変に主張したり膨らんだりせず、バスドラの沈み込みは良好の部類。
ボーカルの厚み・実体感は十分で柔らかさがありつつもモニター調の冷静さがある。
また、変に上擦ったり張り出す癖はない。コーラスも柔らかく丁寧な鳴り。
ボーカルとコーラスの明瞭さは普通~やや良いレベルで特に不満はない。
ソースによって僅かにサ行が刺さるが自分はさほど気にならない範疇。
弦楽器、ギターの線はやや細め。迫力はやや欠けるが滑らかで且つ繊細な鳴り。
チェロやコントラバスはもう少し前面で主張してほしいと思うソースが多々ある。
フルートや木管は温かみがあり、ゆったりとした鳴り。芯はやや太い。
金管楽器は柔らかめの質感ながら鮮やかで低域に比べると迫力は十分ある。
鉄琴やオーケストラチャイムのような金属音は重鎮さがありつつ非常に繊細。
この帯域を意図的にか強調しているらしく、瑞々しい鮮明な音が楽しめる。
しかしソースによってこの部分で耳に鋭いキツさを感じることがある。
ロックではハイハットの清々しく抜けも程々という表現は良いがギターの細さが気になる。
ドラムやスネアはキレはそこそこあり、後引くことはなくリズムを刻んでくれる。
テクノやトランスではキックの重さや力強さはあるが温かみのある表現がノリを削ぐ感じ。
ただ、高域の鮮やかさは素晴らしいし細身で芯のある微細な音表現は見事。
得意ジャンルを挙げるならクラシック・ジャズ、ゆったりとしたバラード曲など。

beyerdynamic/DT880 PRO
POPS
ROCK
 CLASSIC 
 JAZZ 
 VOCAL 
4
3
5
5
5
ELECTRONICA
Easy Listening
DJ
3
5
2
 解像度  分解能  音場表現 
快適性
C/P比
5
4
5
5
3
 5段階評価で「3」が水準、「5」が優。
 ※この表は現在試行運用中です。
SBC-HP1000との比較
どちらも非常に似た音傾向だがSBC-HP1000の方がドンシャリ。
解像度・分解能・音場表現すべてDT880PROがやや上。
音場の広さはほぼ互角。単にイヤパッドが広いのかDT880PROの方が前方定位感はある。
相対的に見るとSBC-HP1000の方が音が緩く、ゆったりとした音の感じがある。
ティンパニやシンバルで聞き比べるとわかり易いがDT880PROの方がキレがあり迫力がある。
またSBC-HP1000にあったローエンドの軽さや歪みっぽさはDT880PROでは感じられない。
ただ、人によってはSBC-HP1000の低域の緩く膨らむような質感が好みの場合もあるだろう。
SBC-HP1000で見られたボーカルの擦れやフォーカスの甘さもDT880PROで気にならない。
双方ともコーラスは包み込むような柔らかく心地よい表現。どちらも非常に良い。
弦楽器の解像力にしろ金管楽器の鮮やかさにしろDT880PROがワンランク上の表現。
高域の伸びはDT880PROが上。どちらの機種もハイハットなどに刺激がある。
装着感に関してもSBC-HP1000は頭に重さを感じる割りにズレやすいが
DT880PROはSBC-HP1000よりも軽量かつズレにくく長時間使用できる。
得手ジャンルが被るので使い分けは難しいが、あくまで一例を挙げるなら
基本的にはDT880PROを使用し、高域の細さや刺激が気になる場合はSBC-HP1000か。

SR-325iとの比較
DT880PROは高音寄りのややドンシャリ。SR325iもドンシャリ。
だがDT880PROは広い目で見ればおよそフラット傾向と言える範疇。
解像度・分解能ともにほぼ互角だが細かな部分でDT880PROがやや上。
低域から高域までしっかり伸びているという点でもDT880PROが性能はやや上か。
音場表現は広さ・前方定位感ともにDT880PROの方がある。
ただSR325iでも必要十分な音場の広さと臨場感は感じられる。
ローエンドまで満遍なく伸びていて低音楽器の重厚さがあるのはDT880PRO。
SR325iはローエンドが弱く厚みもそれほどないがドラムはかなり重くキレがある。
どちらもベースをさほど押し出さない部類だがSR325iの方がやや主張が強い。
弦楽器はDT880PROの方がより繊細、SR325iは力強さと繊細さを併せ持っている。
高域表現はどちらも非常に鮮明で気持ちよいのだが時に刺激的で耳にキツさを感じる。
どちらかというとシンバルやハイハットはDT880PROの方が耳に痛いことが多い。
対してSR325iは派手に広がるものの耳に痛さを感じる臨界点一歩手前で留めている印象。
基本的に高域はDT880PROの方が細身で大人しめ、SR325iの方が太めで派手な鳴り。
高域の鮮明さはほぼ互角。どちらも素晴らしいものを持っている。
ボーカルはDT880PROの方が柔らかで落ち着いていて、かつ艶やか。
またDT880PROは多重コーラスの分離感にしろ問題ないし、聴いていて心地よい。
SR325iの方はボーカルに厚みがあり生々しい。DT880PROとは違うベクトルで表現が巧い。
SR325iは力強い張りと厚みがありながらも上擦るキツさがほぼない絶妙なバランス。
パワーポップやロックに合うボーカル表現でSR325iに比肩する機種はそう多くないだろう。
双方サ行などの発音に刺さりを感じるが高域の刺激を考えれば大きな欠点とは感じない。
クラシックギターの繊細さやチェロやバイオリンの迫真性はDT880PROが一枚上手。
エレキの荒々しさやハイトーンなピアノ、キックのキレを楽しむならSR325iが合う。
クラシックとジャズ、楽器のインストゥルメントを主体に聞くならばDT880PRO。
ポップスやロック、電子音系をノリよく爽快に聴きたい場合は文句なしにSR325iの方が良い。

DT770PROとの比較
DT770PROは低音寄りのドンシャリ。DT880PROは高音寄りのややドンシャリ。
DT770PROは中域の一部で大きな落ち込みを感じるがDT880PROは比較的フラット。
解像度はDT880PROがやや上で微細な音表現に優れる。
分離はどちらも必要十分なものを持っているし問題ないレベル。
音場の広さはほぼ互角。定位の明確さはDT880の方が上。
遮音性・音漏れ防止性能は言うまでもなく密閉型のDT770PROが良い。
ローエンドは若干だがDT770PROの方が伸び・量は上で、柔らかくやや広がる質感。
ティンパニやドラムの歯切れはDT880PROが良く、DT770は量感でゴリ押す感じ。
反して、DT880PROのドラムは少々スマートにした丸みのある上品な感じ。
弦楽器・金管楽器の鮮明さ・繊細さ・伸びはDT880PROが若干上。
同時にシンバルやチャイムで耳に刺激を感じるのもDT880PRO。
DT770PROはボーカル、特に低めのボーカルでは遠さが少々気になるが
DT880PROは基本的にボーカルが前面に出て、かつ厚み・明瞭さも十分なものがある。
ボーカルのサ行はどちらとも細く刺さるが、聞くに堪えないほどではない。
個々の音の太さが欲しいならDT770PRO、微細な音表現を聞き込みたいならDT880PRO。
DT990を既に持っていて多少でも違うベクトルの機種を聴きたいならDT880PRO。
DT990を既に持っていて比較的近い音傾向の密閉型を聴きたいならDT770PRO。

T1との比較
音バランスはそれなりに似ているがT1の方が癖がなくフラット。
解像度・分解能・音場表現いずれもT1が上。
全体の明瞭さ・低域の存在感・高域の微細音描写いずれもT1が良い。
DT880PROにあった低域の緩さ・質感からくる篭りっぽさは皆無。
低音からローエンドにかけての量感に大きな差はないが
T1の方がやや透明感があり、また低音の解像感が強く見渡しやすい。
ドラムのキレ・押しの強さ・制動力の高さ・スピード感・低歪感でT1が勝っている。
低音の芯の太さはほぼ互角。DT880PROの方が僅かに厚く丸く柔らかい傾向。
DT880PROに比べるとT1の低音はあっさりしすぎて味気ないと感じるかもしれない。
金属音の繊細さ・重鎮さはどちらも良いがT1がより一層洗練された音を鳴らす。
バイオリン・チェロのような弦楽器で厚めの音で存在感があるのはT1。
ピアノでは明瞭さ・ハイテンポな曲調・張りのある質感で選ぶならT1が良いが
柔らかめの響き・温かみのある質感を味わいたいならDT880PROが良い。
シンバルやハイハットはT1の方が鮮明かつ解像度が高く、濁りなく描写する。
ボーカルはどちらも厚みは十分ある。ボーカルの距離感はほぼ同じ。
T1の方がボーカルはやや明瞭。温かみ・柔らかさの度合いはDT880PROの方がやや強い。
どちらかというとDT880PROの方がソースの粗やボーカルのキツさを隠してくれる。
コーラスのしっとりとした心地よさという点ではDT880PRO、透明感ならT1が良い。
打ちこみ音ではクリアな全体像と低・高域の鮮明な質感がT1の方が合う。
T1が全体的に温かみ不足に感じたり、音を浮き彫りすぎると感じる場合や
低域やボーカルに柔らかさや響きがもう少し欲しいという場合にはDT880PROが良い。
逆にDT880PROの低音の柔らかさや響き、温かみのある質感を避けたい場合や
ワンランク上の楽器の鮮明さ・実体感・微細音描写・明確な定位感が欲しいならT1。


05/01/ (金) 23:13| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
プロフィール

nr0113

Author:nr0113


《ヘッドホンレビュー》
  ・・・おすすめ
  ・・・ノンストレス
  ・・・高コストパフォーマンス

AKG
 ・K24P

Atomic Floyd
 ・TwistJax AcousticSteel

AUDEZ'E
 ・LCD-2 
 ・LCD-3 

audio-technica
 ・ATH-CK5
 ・ATH-T22
 ・ATH-PRO5V
 ・ATH-AD700 
 ・ATH-W5000 

beyerdynamic
 ・DT250/80 
 ・DT660 Edition2007
 ・DT770 PRO
 ・DT880 PRO 
 ・DT990 PRO 
 ・DT1350
 ・DTX10
 ・DTX50
 ・T1 

BUFFALO KOKUYO SUPPLY
 ・BSEP02
 ・BSEP03

CREATIVE
 ・EP-480
 ・EP-630 
 ・EP-830
 ・EP-AVNAIR
 ・HQ-1900
 ・HP-AURVN-LV 

DENON
 ・AH-C350
 ・AH-C452
 ・AH-G300
 ・AH-D7000 

Etymotic Research
 ・ hf5 

FISCHERAUDIO
 ・DBA-02

FOSTEX
 ・KOTORI 201
 ・T-7M 
 ・TH900 

GRADO
 ・PS1000
 ・SR60 
 ・SR325i 

HiFiMAN
 ・HE-5LE

KENWOOD
 ・KH-C311

KOSS
 ・SPARKPLUG
 ・KSC75 

M-AUDIO
 ・IE-10 

maxell
 ・HP-CN40

PHIATON
 ・PS500

PHILIPS
 ・SHE8500
 ・SHE9000
 ・SHE9501 
 ・SHE9550
 ・SHE9700 
 ・SHL9500
 ・SBC-HP830
 ・SBC-HP1000 

Pioneer
 ・SE-CL17
 ・SE-CLX50

ROLAND
 ・RH-300 

SENNHEISER
 ・HD555 
 ・HD650 
 ・MX460
 ・MX980

SHURE
 ・SRH940

SONY
 ・MDR-E10SP
 ・MDR-EX1000 

STAX
 ・SR-001MK2
 ・SR-007A 

Ultimate Ears
 ・Triple.fi 10 Pro 

ULTRASONE
 ・HFI-780
 ・edition9

Victor
 ・HP-RX500 
 ・HP-FXC50

オーム電機
 ・HP-E550N
 ・HP-H500N 

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。