OTAKU-MOTION

レビューは右側のリンクからどうぞ (※たぶん全部新ウインドウで開きます)
トップスポンサー広告スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
トップヘッドホン関係【オーバーヘッド型ヘッドホン】 SENNHEISER HD555 レビュー

【オーバーヘッド型ヘッドホン】 SENNHEISER HD555 レビュー

SENNHEISER/HD555

型式:開放/ダイナミック
用途:ホーム・リスニング
ドライバー口径:φ40mm
出力音圧レベル:112dB/mW
インピーダンス:50Ω
再生周波数帯域:15~28,000Hz
質量:260g
備考:3.5mm変換アダプタ付属
購入価格:¥10,800
参考URL:http://www.sennheiser.co.jp/jp/icm_jp.nsf/root/05342

hd555_02.jpg

装着感は非常に良好。
動いてもズレない上に左右から締め付ける圧力をさほど感じさせない絶妙な側圧加減。
バンド長の調整機構はプラスチックで見た目も華奢。少し力を入れると折れそう。
イヤパッドおよび頭頂部に当たる部分は合皮ではなく柔らかめのスポンジ製。
少々安っぽい素材で肌触りはさらさら。頭頂部に対しての圧迫感は特に感じない。
パッドの内径が広く耳はほとんどフリーになるため蒸れるなどの心配はない。
ただ装着位置によっては耳の先端が僅かにドライバに当たる感覚がある。

解像度・分解能・音場表現すべて価格比で見るとなかなか高水準。
また、音場表現はなかなか巧い。音場自体はほぼ不満のない広さがある。
定位の明確さは並程度でソースによって全体の定位をぼかしたような鳴りになる。
細かく見れば高域と低域で伸び切れていないという意味で窮屈さを感じるし
音に包まれる感覚が強い反面、前方定位感は弱いのにもやや不満を感じる。

音はおおよそフラットと言えるが細かく言えばやや低音寄り。
ローエンドは必要量出ており伸びは普通。厚みはさほどない。
バスドラムの沈み込みはやや甘く迫力は普通程度。ソースによっては軽い。
ティンパニ、ドラムの量感は程々。もう少しどっしりした重みがあっても良かっただろう。
ただ開放型ということを考えればローエンドの表現は多少妥協はできる範囲内か。
ソースによっては全体の輪郭がややぼやけ気味になり音場がやや曇る。
弦楽器の表現はなかなか巧い。アコギやバイオリンの線は程よい繊細さが楽しめる。
細かな描写も特に苦手な印象はなく、また張り出すようなキツさはなく穏やか。
ハイハットやシンバルが乾いた鳴りで時折耳障りに感じることがある。
金管楽器の鮮やかさ、伸びともにやや甘い部分があるが決して悪くない。
ボーカルは明瞭で薄く艶が感じられるし表現としては巧い部類に入る。
厳しく見るとボーカルは一歩退き気味で薄く感じるが聴き疲れしにくくはあるだろう。
コーラス表現は音場の広さに相まって包み込むような柔らかさがあって良い。
良好な装着感と多様なジャンルにハマりやすい癖少な目の音作りには好印象。

SENNHEISER/HD555
POPS
ROCK
 CLASSIC 
 JAZZ 
 VOCAL 
4
3
4
3
4
ELECTRONICA
Easy Listening
DJ
3
4
2
 解像度  分解能  音場表現 
快適性
C/P比
4
4
4
5
4
  5段階評価で「3」が水準、「5」が優。
 ※この表は現在試行運用中です。
ATH-AD700との比較
装着感に関してははどちらも良好の部類。
側圧は弱いが下を向くとすぐにズレてしまうのがATH-AD700。
がっちりとしたホールド感が欲しいならHD555が良いだろう。
双方とも重量はさほど気にならず、耳への圧迫感はほとんど感じない。
音傾向はATH-AD700がやや高音寄り。HD555はやや低音寄り。
解像度・分解能・音場表現すべてHD555の方がやや上。
ローエンドの伸び・量感はHD555の方がある。ATH-AD700は不足気味。
高域の伸びはほぼ互角。迫力・鮮やかさはHD555の方が良い。
硬質で芯のあるのはATH-AD700。HD555はそれを若干ぼかして柔らかくした音。
楽器音の温かみ・柔らかさはHD555が多少ある。ATH-AD700はすっきりして響きも少ない。
ボーカル表現はHD555の方が癖が少なくかつ艶やかさが感じられて良い。
ATH-AD700のボーカルは明るさがあって良いが線が細めで温かみも少なめ。
電子音の表現はATH-AD700の方が滑らかで聴きやすく力強い張りもある。
明るくすっきりとした鳴りならATH-AD700。どっしりとした鳴りを求めるならHD555。

SR60との比較
SR60は低音寄りのドンシャリ。HD555はやや低音寄り。
装着感はどちらも良好。SR60は耳乗せ型だが装着感は特別悪くないがズレやすい。
また長時間使用してもどちらとも耳が蒸れにくいのは良い。
解像度・分解能・音場の広さはHD555が上。定位の明確さはほぼ互角。
低域の厚みはSR60の方がややある。ローエンドの量感は大体同程度、伸びは普通。
SR60はドラムの躍動感をやや誇張した感じで鳴るためノリは良い。
それと比べるとHD555は落ち着いていて大きな誇張もなく淡々と鳴らす印象。
SR60はシンバルやハイハットが硬質で耳に刺さることもしばしば。
とはいえソース次第でHD555でも独特の乾いた鳴りが耳に付くことがある。
金管楽器のふくよかさならばHD555が良いが鮮やかさでは全体的にSR60が上。
チャイムの重鎮さや金属的な質感があるのはSR60。HD555は鮮明さでやや劣る。
ボーカル表現はSR60が爽やかで明るめ。HD555は暗めで落ち着きがある。
どちらもさほど気になる癖はなく張り出しやサ行などが特別酷いようには感じない。
打ち込み系はどちらも一長一短で特化した印象は無く一応は聴ける感じ。
どちらかというとSR60の方が高域のすっきりした質感的には分がある印象。
ただクラブミュージックなどを主体に聴くならば他の機種を選ぶほうがよいかもしれない。
ポップス・ロックをノリよく楽しむならSR60。クラシックで臨場感を楽しむならHD555。
落ち着いた曲を聴くならHD555、刺激的でかまわないならば高域がより鮮やかなSR60。
あくまで無難な機種を求めるならHD555、多少ゴリ押しでも楽しんで聴きたいならSR60。

03/28/ (土) 18:35| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
プロフィール

nr0113

Author:nr0113


《ヘッドホンレビュー》
  ・・・おすすめ
  ・・・ノンストレス
  ・・・高コストパフォーマンス

AKG
 ・K24P

Atomic Floyd
 ・TwistJax AcousticSteel

AUDEZ'E
 ・LCD-2 
 ・LCD-3 

audio-technica
 ・ATH-CK5
 ・ATH-T22
 ・ATH-PRO5V
 ・ATH-AD700 
 ・ATH-W5000 

beyerdynamic
 ・DT250/80 
 ・DT660 Edition2007
 ・DT770 PRO
 ・DT880 PRO 
 ・DT990 PRO 
 ・DT1350
 ・DTX10
 ・DTX50
 ・T1 

BUFFALO KOKUYO SUPPLY
 ・BSEP02
 ・BSEP03

CREATIVE
 ・EP-480
 ・EP-630 
 ・EP-830
 ・EP-AVNAIR
 ・HQ-1900
 ・HP-AURVN-LV 

DENON
 ・AH-C350
 ・AH-C452
 ・AH-G300
 ・AH-D7000 

Etymotic Research
 ・ hf5 

FISCHERAUDIO
 ・DBA-02

FOSTEX
 ・KOTORI 201
 ・T-7M 
 ・TH900 

GRADO
 ・PS1000
 ・SR60 
 ・SR325i 

HiFiMAN
 ・HE-5LE

KENWOOD
 ・KH-C311

KOSS
 ・SPARKPLUG
 ・KSC75 

M-AUDIO
 ・IE-10 

maxell
 ・HP-CN40

PHIATON
 ・PS500

PHILIPS
 ・SHE8500
 ・SHE9000
 ・SHE9501 
 ・SHE9550
 ・SHE9700 
 ・SHL9500
 ・SBC-HP830
 ・SBC-HP1000 

Pioneer
 ・SE-CL17
 ・SE-CLX50

ROLAND
 ・RH-300 

SENNHEISER
 ・HD555 
 ・HD650 
 ・MX460
 ・MX980

SHURE
 ・SRH940

SONY
 ・MDR-E10SP
 ・MDR-EX1000 

STAX
 ・SR-001MK2
 ・SR-007A 

Ultimate Ears
 ・Triple.fi 10 Pro 

ULTRASONE
 ・HFI-780
 ・edition9

Victor
 ・HP-RX500 
 ・HP-FXC50

オーム電機
 ・HP-E550N
 ・HP-H500N 

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。