OTAKU-MOTION

レビューは右側のリンクからどうぞ (※たぶん全部新ウインドウで開きます)
トップスポンサー広告スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
トップ未分類【スピーカーシステム】 DENON SC-CX101 レビュー

【スピーカーシステム】 DENON SC-CX101 レビュー

DENON/SC-CX101
型式:2WAY/バスレフ
用途:ホーム・リスニング
ツィーター口径:φ25mm
ウーファー口径:φ120mm
再生周波数帯域:45Hz~40,000Hz
質量:Rch:5.2kg+Lch:5.2kg
外形寸法:W157×H257×D234mm
付属品:吸音材・スピーカーケーブル・コルクスペーサー・マニュアル
発売日:2006年5月中旬
購入価格:¥50,000 (ペア)
参考URL:http://denon.jp/products2/sccx101.html

cx101_01.jpg cx101_02.jpg

本レビューで使用したインシュレータはAT6099、3点支持。
出力はPD-D6+A-A6及びPC(uLilith core2/WAVE形式)-USB-SE-U33GXP
購入時期は今年8月頃でいろいろなスピーカーを1時間ほど試聴して購入。
音を聴いて JBLの4318 いいな、と思って値札(ペア30万円)を見て撃沈。
結局5万円と手ごろな値でかつその価格帯で音が好みだったCX101をチョイス。

音はローエンドが弱く、超高域で若干の伸び悩みが感じられるが非常にフラット。
無理に音を出すような窮屈さはなく、ほぼ全ての音を均一に鳴らす。
一聴だけでクロスオーバーが極めて自然で、かつ癖がないことが分かる。
個々の音の解像度にしろ分離の良さにしろなかなか良い。
全体的に艶のある滑らかな聴き心地の良い音。
ヘッドホンでCX101の音を例えるならDENONのAH-D5000やD7000か。
とはいえ、AH-D5000ほどローエンドは出さないし、高域のピークはない。
CX101と比べるとAH-D5000やD7000は明らかなドンシャリ傾向。
だが音の質感の傾向としては同じ音作りを踏襲していると感じられる。

バスドラは膨らんだりせず滑るように鳴り、他音域を邪魔しない節度ある表現。
ドラムは柔らかで丸みのある適度な量感を保ちつつ、決して滲んだりしないし弱すぎない。
シンバルやハイハットはサラサラとした質感で曲中のアクセントになると言うよりも
バックで静かに溶け込むような感じ。一切の刺激がなく優しい音色。
ギターの解像度・鮮やかさは良好だがやや線が細めに感じることがある。
ピアノは程良い透明感と柔らかな音で響きが味わえる聴き心地の良い音。
好みの問題として、響きや艶をより抑えた、元気で張りのある音を望む人もいるだろう。
鮮やかさは上々だがもっと鮮やかさや迫力があっても良いと感じられる。
全体に艶を載せたような音で温かみ・繊細さ・力強さは必要十分。
ボーカル表現は艶っぽく、非常に滑らかで聴いていて自然。
微細音をくっきりと浮き彫るような傾向ではない。厚み・実体感は普通。
個人的には高域はもう少し伸ばして線も太く、鮮やかなほうが好み。
音のキレやスピード感を求める人には向かないだろうが
個々の楽器の滑らかさやボーカルの艶を楽しみたい人には魅力的な機種。
得意ジャンルはクラシック・ジャズ、BGM的に楽しむイージーリスニングなど。
ポップスの明るい音調やロックの力強さやクラブサウンドのアタック感が欲しいなら
ONKYOやFOSTEX、B&Wのスピーカーの方が用途には合うだろう。

使用していて不満を感じてしまうのはローエンドの弱さだが
プリメイン出力側の調整でそれなりに解決できるように思う。
自分はプリメイン側(A-A6)のイコライジングでBASS+4~6/10で程良い具合に感じる。
一概には言えないがTREBLEも+2~4/10の範囲内にして弦音に若干鮮やかさを付加すると
個人的にツボなバランスになることが多い。(モロにD5000似のチューニングになるけども)
ただ、CX101のTREBLE帯は素が既に絶妙なフラットバランスで成り立っているため
安易に上げすぎない、または弄らないのがこの機種には吉、という印象。
上げすぎると迫力がある反面、ギラギラしたキツめの音になり聴いていて疲れやすい。

DENON/SC-CX101
POPS
ROCK
 CLASSIC 
 JAZZ 
 VOCAL 
4
3
4
4
5
ELECTRONICA
Easy Listening
DJ
4
5
3
 解像度  分解能 
---
---
C/P比
5
4
---
---
4
5段階評価で「3」が水準、「5」が優。
 ※この表は現在試行運用中です。

10/15/ (木) 18:50| 未分類 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
プロフィール

nr0113

Author:nr0113


《ヘッドホンレビュー》
  ・・・おすすめ
  ・・・ノンストレス
  ・・・高コストパフォーマンス

AKG
 ・K24P

Atomic Floyd
 ・TwistJax AcousticSteel

AUDEZ'E
 ・LCD-2 
 ・LCD-3 

audio-technica
 ・ATH-CK5
 ・ATH-T22
 ・ATH-PRO5V
 ・ATH-AD700 
 ・ATH-W5000 

beyerdynamic
 ・DT250/80 
 ・DT660 Edition2007
 ・DT770 PRO
 ・DT880 PRO 
 ・DT990 PRO 
 ・DT1350
 ・DTX10
 ・DTX50
 ・T1 

BUFFALO KOKUYO SUPPLY
 ・BSEP02
 ・BSEP03

CREATIVE
 ・EP-480
 ・EP-630 
 ・EP-830
 ・EP-AVNAIR
 ・HQ-1900
 ・HP-AURVN-LV 

DENON
 ・AH-C350
 ・AH-C452
 ・AH-G300
 ・AH-D7000 

Etymotic Research
 ・ hf5 

FISCHERAUDIO
 ・DBA-02

FOSTEX
 ・KOTORI 201
 ・T-7M 
 ・TH900 

GRADO
 ・PS1000
 ・SR60 
 ・SR325i 

HiFiMAN
 ・HE-5LE

KENWOOD
 ・KH-C311

KOSS
 ・SPARKPLUG
 ・KSC75 

M-AUDIO
 ・IE-10 

maxell
 ・HP-CN40

PHIATON
 ・PS500

PHILIPS
 ・SHE8500
 ・SHE9000
 ・SHE9501 
 ・SHE9550
 ・SHE9700 
 ・SHL9500
 ・SBC-HP830
 ・SBC-HP1000 

Pioneer
 ・SE-CL17
 ・SE-CLX50

ROLAND
 ・RH-300 

SENNHEISER
 ・HD555 
 ・HD650 
 ・MX460
 ・MX980

SHURE
 ・SRH940

SONY
 ・MDR-E10SP
 ・MDR-EX1000 

STAX
 ・SR-001MK2
 ・SR-007A 

Ultimate Ears
 ・Triple.fi 10 Pro 

ULTRASONE
 ・HFI-780
 ・edition9

Victor
 ・HP-RX500 
 ・HP-FXC50

オーム電機
 ・HP-E550N
 ・HP-H500N 

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。