OTAKU-MOTION

レビューは右側のリンクからどうぞ (※たぶん全部新ウインドウで開きます)
トップスポンサー広告スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
トップヘッドホン関係日記

日記

SRH840試聴
側圧はやや強いが装着感は良好。
モニター志向の強い音。ほとんど味付けしない。
解像度・分解能どちらもなかなか良い。
細部の音をしっかり出すが音の厚みは普通。音場感に目立った長所はない。
ややドンシャリ傾向。硬質寄りな音で個々の音が聴き取りやすい。
どちらかというと細身でスマートな音。あまり肉付けしない。
元気な鳴りでそこそこスピード感がある。やや聴き疲れやすい印象。
くっきり音を描写するがシンバルなどで乾燥した鳴りが耳に付く。
密閉型特有の篭りを感じにくい。明瞭さは十分ある。
個々の音の聴き取り易さ・味付けの少なさを求める人には良いだろう。
ただ、リスニング用途としてみるならば自分は他のヘッドホンを選びたいところ。
下位機種のSRH440はSRH840よりも音の情報量がやや削がれてあっさりした鳴り。
性能に値段なりの差が感じられる。聴き疲れの度合いはSRH440の方が少なめに感じた。
SRH240は機体の造りのチープさや装着感・痩せ細った音など上位機と比べるといまいち。

ATH-W1000X、こちらも試聴。
同社のATH-W5000と比較しつつ覚書。
そこそこフラットに近い傾向だが鮮やかに脚色された高音が目立つ。
ATH-W5000に比べると音の質感・響きが柔らかな傾向。
どちらも明るめの音調に感じるが全体のクリアさはATH-W5000がやや上。
直系機種であるATH-W1000(生産終了)に近い中高域の鮮やかな表現。
例えば金管楽器を太く塗りつぶすような鳴りはかなり似ている。
一部のギターは線が太くなって丸みを帯びる感じ。
音場表現は似ているが広さではATH-W1000Xが僅かに広さに分があると感じた。
(これはATH-W5000は耳にドライバがほぼ接触する形の造りだが
W1000Xでは耳とドライバの距離にややゆとりのある造りのせいかと思われる。)
W1000のような耳に張り付く鳴り方ではなくそれなりに奥行きがある。
ローエンドは量的にはそこそこ出ている。質的にはタイトというより少々緩め。
低域から得られる艶っぽさがある。ボーカルの厚み・実体感はなかなか良い。
どちらかというと繊細なボーカルならW5000、芯太めのボーカルならW1000Xが向く印象。
コーラスの分離感・実体感・明瞭さはW5000がやや良い。
ATH-W5000に比べるとW1000Xはマイルドな聴きやすい音傾向。
滲みのないストレートで引き締まった音描写を求めるならATH-W5000。
柔らかめの質感や響き・中高域の艶やかさを楽しむならATH-W1000Xが良い。

ATH-W1000Xが意外と好みだったという話。

01/06/ (水) 21:57| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
プロフィール

nr0113

Author:nr0113


《ヘッドホンレビュー》
  ・・・おすすめ
  ・・・ノンストレス
  ・・・高コストパフォーマンス

AKG
 ・K24P

Atomic Floyd
 ・TwistJax AcousticSteel

AUDEZ'E
 ・LCD-2 
 ・LCD-3 

audio-technica
 ・ATH-CK5
 ・ATH-T22
 ・ATH-PRO5V
 ・ATH-AD700 
 ・ATH-W5000 

beyerdynamic
 ・DT250/80 
 ・DT660 Edition2007
 ・DT770 PRO
 ・DT880 PRO 
 ・DT990 PRO 
 ・DT1350
 ・DTX10
 ・DTX50
 ・T1 

BUFFALO KOKUYO SUPPLY
 ・BSEP02
 ・BSEP03

CREATIVE
 ・EP-480
 ・EP-630 
 ・EP-830
 ・EP-AVNAIR
 ・HQ-1900
 ・HP-AURVN-LV 

DENON
 ・AH-C350
 ・AH-C452
 ・AH-G300
 ・AH-D7000 

Etymotic Research
 ・ hf5 

FISCHERAUDIO
 ・DBA-02

FOSTEX
 ・KOTORI 201
 ・T-7M 
 ・TH900 

GRADO
 ・PS1000
 ・SR60 
 ・SR325i 

HiFiMAN
 ・HE-5LE

KENWOOD
 ・KH-C311

KOSS
 ・SPARKPLUG
 ・KSC75 

M-AUDIO
 ・IE-10 

maxell
 ・HP-CN40

PHIATON
 ・PS500

PHILIPS
 ・SHE8500
 ・SHE9000
 ・SHE9501 
 ・SHE9550
 ・SHE9700 
 ・SHL9500
 ・SBC-HP830
 ・SBC-HP1000 

Pioneer
 ・SE-CL17
 ・SE-CLX50

ROLAND
 ・RH-300 

SENNHEISER
 ・HD555 
 ・HD650 
 ・MX460
 ・MX980

SHURE
 ・SRH940

SONY
 ・MDR-E10SP
 ・MDR-EX1000 

STAX
 ・SR-001MK2
 ・SR-007A 

Ultimate Ears
 ・Triple.fi 10 Pro 

ULTRASONE
 ・HFI-780
 ・edition9

Victor
 ・HP-RX500 
 ・HP-FXC50

オーム電機
 ・HP-E550N
 ・HP-H500N 

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。