OTAKU-MOTION

レビューは右側のリンクからどうぞ (※たぶん全部新ウインドウで開きます)
トップスポンサー広告スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
トップヘッドホン関係【オーバーヘッド型ヘッドホン】 FOSTEX KOTORI 201 レビュー

【オーバーヘッド型ヘッドホン】 FOSTEX KOTORI 201 レビュー

FOSTEX/KOTORI 201
型式:密閉/ダイナミック
用途:リスニング
ドライバー口径:φ40mm
出力音圧レベル:103dB/mW
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:8~37,000Hz
質量:210g
備考:収納ケース付属
購入価格:¥14,000
参考URL:http://kotori.fostex.jp/201/about/#performance/
       :http://www.foster.co.jp/products/headphones/443741.html

kotori201_1.jpg
装着感はなかなか良い。
側圧はやや弱め。締め付けるような痛みは無い。下を向いてもズレは少ない。
耳を若干押しつぶすため長時間付けているとじわじわと痛くなってくる。
密閉型だが側圧が弱いということもあり遮音性・音漏れ防止いずれもやや悪い。
電車内・航空機内などの強い騒音下で使う場合は要注意か。
付属品は小さなクリーニングクロスと専用ケース。ステレオミニ→標準変換プラグは付属しない。
当機は量販店での販売はなく、購入は公式サイトのネット販売のみ。

解像度・分解能は値段からすれば普通~やや良い。
音場の広さ自体は大したことはないがポータブル用と割り切れば妥当。
定位はなかなか明確、それなりに奥行きも感じられる。

弱ドンシャリ。
ローエンドの量感・伸びは十分だが少々無理に鳴らしている感じがある。
低域の厚みはほどほどで乾いたような安っぽさを感じさせない上品な音。
質は全体的に柔らかく滑らかな質感。力強さ・切れは普通。
低域は制動が甘く膨らみがちだが中高域の篭りを感じにくく明瞭さは十分。
音の輪郭はそれなりに描写するし必要程度の艶っぽさがある。
ロックではギターのエッジが控えめで上品すぎる部分もあり、聴き応えに欠ける。
DJサウンドの場合は音の質感の柔らかさが気になるし低域に締まりが不足。
アコースティック演奏は程良い解像度で一つ一つの描写を味わえる。
ピアノや金管楽器は鮮やかさが十分あり、響きは適度。
ボーカルの厚みはやや薄いが滑らかで艶のある質感。ピーキーさは控えめで聴き易い。
近い性能を持つHP-AURVN-LVのメーカー直販価格(¥7,480)に比べると割高感が否めないが
オーダーメイドという手間を考慮すれば致し方ない部分か。

FOSTEX/KOTORI 201
POPS
ROCK
 CLASSIC 
 JAZZ 
 VOCAL 
4
4
4
4
4
ELECTRONICA
Easy Listening
DJ
4
4
3
 解像度  分解能  音場表現 
快適性
C/P比
5
4
3
4
3
 5段階評価で「3」が水準、「5」が優。
 ※この表は現在試行運用中です。
HP-AURVN-LVとの比較
どちらも非常に似た音傾向だがKOTORI 201の方がフラット寄りで癖が少ない。
パッと見て認識できる機体の違いはハウジング形状のみ。
KOTORI 201のハウジングは卵型、HP-AURVN-LVは直線と曲線から成る競技場にあるようなトラック型。
装着感・遮音性・音漏れ防止・ケーブルの取り回しなどほとんど同じ。
音質についても使い分けるほどの差はなくほんの好み程度の差という印象。
誇張気味に比較するならば解像度・分解能いずれもフラット目のKOTORI 201が僅かに上に感じる。
HP-AURVN-LVは艶やかさ・滑らかな感じが強いがKOTORI 201は薄い味付けであっさり目。
HP-AURVN-LVはDENONのようなやや低音寄りかつ高域の鮮やかさを狙ったチューニングで、
KOTORI 201はFOSTEX T-7Mのような色付けが薄めのあっさりした傾向というところか。
コストパフォーマンスで選ぶならHP-AURVN-LV、デザイン重視で選ぶならKOTORI 201。

04/06/ (水) 22:13| ヘッドホン関係 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
プロフィール

nr0113

Author:nr0113


《ヘッドホンレビュー》
  ・・・おすすめ
  ・・・ノンストレス
  ・・・高コストパフォーマンス

AKG
 ・K24P

Atomic Floyd
 ・TwistJax AcousticSteel

AUDEZ'E
 ・LCD-2 
 ・LCD-3 

audio-technica
 ・ATH-CK5
 ・ATH-T22
 ・ATH-PRO5V
 ・ATH-AD700 
 ・ATH-W5000 

beyerdynamic
 ・DT250/80 
 ・DT660 Edition2007
 ・DT770 PRO
 ・DT880 PRO 
 ・DT990 PRO 
 ・DT1350
 ・DTX10
 ・DTX50
 ・T1 

BUFFALO KOKUYO SUPPLY
 ・BSEP02
 ・BSEP03

CREATIVE
 ・EP-480
 ・EP-630 
 ・EP-830
 ・EP-AVNAIR
 ・HQ-1900
 ・HP-AURVN-LV 

DENON
 ・AH-C350
 ・AH-C452
 ・AH-G300
 ・AH-D7000 

Etymotic Research
 ・ hf5 

FISCHERAUDIO
 ・DBA-02

FOSTEX
 ・KOTORI 201
 ・T-7M 
 ・TH900 

GRADO
 ・PS1000
 ・SR60 
 ・SR325i 

HiFiMAN
 ・HE-5LE

KENWOOD
 ・KH-C311

KOSS
 ・SPARKPLUG
 ・KSC75 

M-AUDIO
 ・IE-10 

maxell
 ・HP-CN40

PHIATON
 ・PS500

PHILIPS
 ・SHE8500
 ・SHE9000
 ・SHE9501 
 ・SHE9550
 ・SHE9700 
 ・SHL9500
 ・SBC-HP830
 ・SBC-HP1000 

Pioneer
 ・SE-CL17
 ・SE-CLX50

ROLAND
 ・RH-300 

SENNHEISER
 ・HD555 
 ・HD650 
 ・MX460
 ・MX980

SHURE
 ・SRH940

SONY
 ・MDR-E10SP
 ・MDR-EX1000 

STAX
 ・SR-001MK2
 ・SR-007A 

Ultimate Ears
 ・Triple.fi 10 Pro 

ULTRASONE
 ・HFI-780
 ・edition9

Victor
 ・HP-RX500 
 ・HP-FXC50

オーム電機
 ・HP-E550N
 ・HP-H500N 

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。