OTAKU-MOTION

レビューは右側のリンクからどうぞ (※たぶん全部新ウインドウで開きます)
トップスポンサー広告スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
トップヘッドホン関係【オーバーヘッド型ヘッドホン】 audio-technica ATH-T22 レビュー

【オーバーヘッド型ヘッドホン】 audio-technica ATH-T22 レビュー

audio-technica/ATH-T22
型式:密閉/ダイナミック型
用途:リスニング&モニター
ドライバー口径:φ40mm
出力音圧レベル:100dB/mW
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:20~22,000Hz
質量:170g
備考:ハウジング反転モニター
発売日:2005年4月21日
購入価格:¥1,890
参考URL:http://www.audio-technica.co.jp/products/hp/ath-t44.html

ath-t22.jpg

側圧は丁度良くズレにくいが頭頂部が若干窮屈に感じる。
装着すると耳をかろうじてパッドが覆うような構造になっている。
本体の重さは少し気になる程度か。パッドが大きめで遮音性はそれなり。
蒸れやすいのは密閉型の悪い定石。装着感は悪くないが細かい配慮が足りない。
コードは両出しのY型。3.0mと中途半端に長いため邪魔になることがある。
ハウジングは反転できるものの両出しコードが煩わしく使い勝手はいまひとつ。
類型のATH-T22TVではコード長は5.0mになりボリュームコントローラーが付属する。

音場の広さは並。音の分離能力は価格を考えると上等か。
空間表現は平面的で奥行きに欠けるが価格を考えれば許容できる。
低域の音が膨らんで聴こえるのも相まって篭り感はかなり強まる傾向。
低音は篭りからぼやけ気味で量は多め。それなりに重みを持つため迫力はある。
高域の音は荒削りながらも尖った音ではなく比較的聴き易い。
極端に薄く不足している音域はないため、ある意味バランス型ともとれる。
ダンスポップやエレクトロニカのようなデジタルサウンドとの相性は概ね良く、
ロックやメタル、メロコアなどでは低~中域音過多で篭りを感じやすく聴き辛くなる印象。
リスニング用と言うよりは、どちらかと言えばモニターの用途に向くだろう。
価格から考慮すれば個々の音の質はある程度の水準を満たしている機種。
欠点を挙げれば篭りがあり音の明瞭さに欠けることとボーカルが埋もれがちになること。

audio-technica/ATH-T22
POPS
ROCK
 CLASSIC 
 JAZZ 
 VOCAL 
1
2
1
2
1
ELECTRONICA
Easy Listening
DJ
3
2
2
 解像度  分解能  音場表現 
快適性
C/P比
2
2
2
3
1
 5段階評価で「3」が水準、「5」が優。
 ※この表は現在試行運用中です。

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://otakumotion.blog34.fc2.com/tb.php/38-6e3fe239
プロフィール

nr0113

Author:nr0113


《ヘッドホンレビュー》
  ・・・おすすめ
  ・・・ノンストレス
  ・・・高コストパフォーマンス

AKG
 ・K24P

Atomic Floyd
 ・TwistJax AcousticSteel

AUDEZ'E
 ・LCD-2 
 ・LCD-3 

audio-technica
 ・ATH-CK5
 ・ATH-T22
 ・ATH-PRO5V
 ・ATH-AD700 
 ・ATH-W5000 

beyerdynamic
 ・DT250/80 
 ・DT660 Edition2007
 ・DT770 PRO
 ・DT880 PRO 
 ・DT990 PRO 
 ・DT1350
 ・DTX10
 ・DTX50
 ・T1 

BUFFALO KOKUYO SUPPLY
 ・BSEP02
 ・BSEP03

CREATIVE
 ・EP-480
 ・EP-630 
 ・EP-830
 ・EP-AVNAIR
 ・HQ-1900
 ・HP-AURVN-LV 

DENON
 ・AH-C350
 ・AH-C452
 ・AH-G300
 ・AH-D7000 

Etymotic Research
 ・ hf5 

FISCHERAUDIO
 ・DBA-02

FOSTEX
 ・KOTORI 201
 ・T-7M 
 ・TH900 

GRADO
 ・PS1000
 ・SR60 
 ・SR325i 

HiFiMAN
 ・HE-5LE

KENWOOD
 ・KH-C311

KOSS
 ・SPARKPLUG
 ・KSC75 

M-AUDIO
 ・IE-10 

maxell
 ・HP-CN40

PHIATON
 ・PS500

PHILIPS
 ・SHE8500
 ・SHE9000
 ・SHE9501 
 ・SHE9550
 ・SHE9700 
 ・SHL9500
 ・SBC-HP830
 ・SBC-HP1000 

Pioneer
 ・SE-CL17
 ・SE-CLX50

ROLAND
 ・RH-300 

SENNHEISER
 ・HD555 
 ・HD650 
 ・MX460
 ・MX980

SHURE
 ・SRH940

SONY
 ・MDR-E10SP
 ・MDR-EX1000 

STAX
 ・SR-001MK2
 ・SR-007A 

Ultimate Ears
 ・Triple.fi 10 Pro 

ULTRASONE
 ・HFI-780
 ・edition9

Victor
 ・HP-RX500 
 ・HP-FXC50

オーム電機
 ・HP-E550N
 ・HP-H500N 

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。