OTAKU-MOTION

レビューは右側のリンクからどうぞ (※たぶん全部新ウインドウで開きます)
トップスポンサー広告スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
トップヘッドホン関係【オーバーヘッド型ヘッドホン】 FOSTEX T-7M レビュー

【オーバーヘッド型ヘッドホン】 FOSTEX T-7M レビュー

FOSTEX/T-7M
型式:セミオープン/ダイナミック
用途:モニター
ドライバー口径:未公表 (自己計測:φ40mm)
出力音圧レベル:98dB/mW
インピーダンス:70Ω
再生周波数帯域:20~20,000Hz
質量:260g
購入価格:¥7,560
参考URL:http://www.fostex.jp/p/t7_5m/ (2009.4.25修正)
       http://www.fostex.jp/p/t7m/

t-7m_2.jpg t-7m_3.jpg
装着感は良好。耳を押しつぶすが側圧は弱めで長時間のリスニングが可能。
イヤパッドの素材が安っぽく酷使するとすぐに破れそうなのが気になる。
セミオープンのためハウジングに小さな穴が空いており遮音性はやや悪く音漏れは結構多い。
コードは両出しのY字型。コード周りは0.7mm。合流部のコード周りは1.4mm。
コード分岐部分の長さは約40cm。合流部の長さは約2.0m。合計およそ2.4m。
ヘッドバンドの長さは左右で10段階の調節ができる。当方は左右3段階長くして使用。
ハウジングを反転してのモニターは不可だが両出しコードだと考えると妥当か。
ポータブル向けではないため音量が比較的取りづらい印象。

解像度・分解能は値段を考えると良い出来。
特に分解能はなかなか優秀で個々の音の聞き分けがしやすい。
音場は窮屈に感じない広さがあり定位はなかなか明確。

音のバランスはおおよそフラット。
音の質は非常にあっさりした鳴りでほとんど聴き疲れしない。
低音は僅かにぼやけ気味で音場に弱い篭りを感じるがそこまで気にはならない。
低音の量としては多すぎず少なすぎず他音域に被さらない節度ある量。
超低域は出てはいるが質としてはいまいち。量は僅かに不足気味に感じる。
基本的に低・中・高域音のそれぞれのバランスを重視した鳴り。
ドラムは乾いた音だが重みは必要十分、力強さがありながら主張しすぎない。
エレキギターなどの線の太いキレのある音は苦手だが、
アコギなどの繊細な表現や弦の柔らかい表現は概ね巧い。
ピアノの音は芯が若干細身なのが不満だが聴きやすくはある。
チャイムや鉄琴の細い金属音はなかなか良い感じに聴ける。
金管楽器は色づけに乏しいが、普通以上の表現はできている。
総評として、音の質はそこそこの水準を持っているように思う。
クラシックも問題なく聴けるし、ポップス・ロックも十分聴ける機種。
電子音系ではトランスやユーロビートなどのアップテンポな曲も聴けるが
どちらかといえば緩やかで落ちついた曲調の表現が合う。
ボーカルは前面に出て聴き易く、擦れは気にするほどではない。
混声合唱は意外と丁寧な鳴りで乾いた感じにならず気になる癖も無い。
総合的に見てモニター用途向けに作られているが、
それでいて音楽をそれなりに楽しめる音作りが成されている。

FOSTEX/T-7M
POPS
ROCK
 CLASSIC 
 JAZZ 
 VOCAL 
4
3
3
3
4
ELECTRONICA
Easy Listening
DJ
4
4
3
 解像度  分解能  音場表現 
快適性
C/P比
3
4
3
3
5
 5段階評価で「3」が水準、「5」が優。
 ※この表は現在試行運用中です。
ATH-PRO5Vとの比較
ATH-PRO5Vは低音寄り。T-7Mはおおよそフラット。
遮音性・音漏れ防止はATH-PRO5Vの方が良い。
解像度・分解能・音場の広さ・定位表現はT-7Mが上。
ATH-PRO5Vの定位はそこまで悪くないが音場はやや狭めで平面的。
低音の量が多く篭り感が強いのはATH-PRO5V。
ボーカルはT-7Mが前面に出て聴き易い。ATH-PRO5Vはボーカルが埋もれやすい。
電子音系ならATH-PRO5Vの方が巧い。キックも力強くしっかりと鳴らしている。
ただATH-PRO5Vは音場を低域が占める割合が高く、聴き疲れしやすい。
ドラムロールなどの連続した音表現や繊細な表現はT-7Mの方が巧い。
T-7Mはクラシックでも違和感なく聴ける音の質感と空間表現を持っている。
電子音系に限定して聴く人で、低音の迫力が欲しければATH-PRO5Vで良いが、
リスニング用途にしろモニター用途にしろ基本的にはT-7Mの方が性能は高いように思う。

RH-300との比較
RH-300、T-7Mともにおおよそフラット。
RH-300は耳をすっぽり覆うタイプで側圧が若干強め。
T-7Mは耳を押しつぶすものの側圧が弱く、それなりに快適。
どちらも蒸れ易いのが気になる。篭りが少ないのはT-7M。
T-7Mの方が超低域はやや控えめのあっさりした鳴りで聴き疲れは少ない。
RH-300は超低域まで出ている点は良いがソースによってもたつきがち。
音の定位はどちらもそれなりだが音場が若干広めのT-7Mにやや分がある。
解像度・分解能はほぼ互角だが細かく見ればRH-300が滑らかで聴き易い。
低音の質ではRH-300は力強くタイト。T-7Mは軽めで抜けがよくあっさりしている。
RH-300はボーカルが引っ込みがち。比べてT-7Mはボーカルは多少前面に出る。
ボーカルの擦れる癖はどちらもそこまで気にならない無難な表現。
個々の楽器表現を見れば鮮やかさ、柔らかさ、温かみはRH-300が良い。
T-7Mは余剰の表現はせずに楽器にとって必要最小限の味付けという感じ。
使い分けるなら音全体に重みが欲しい場合はRH-300。
あっさりとした軽快な鳴りが良い場合はT-7M。
長時間の使用前提ならT-7M。そうでないならRH-300。

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://otakumotion.blog34.fc2.com/tb.php/94-7657acc5
OTAKU-MOTION 【オーバーヘッド型ヘッドホン】 FOSTEX T-7M レビュー ヘッドフォンを買おう買おうと思っていたので、気になっていたT-7Mを購入 難し...
2009/07/14(火) 00:52:36 | nyomolog
プロフィール

nr0113

Author:nr0113


《ヘッドホンレビュー》
  ・・・おすすめ
  ・・・ノンストレス
  ・・・高コストパフォーマンス

AKG
 ・K24P

Atomic Floyd
 ・TwistJax AcousticSteel

AUDEZ'E
 ・LCD-2 
 ・LCD-3 

audio-technica
 ・ATH-CK5
 ・ATH-T22
 ・ATH-PRO5V
 ・ATH-AD700 
 ・ATH-W5000 

beyerdynamic
 ・DT250/80 
 ・DT660 Edition2007
 ・DT770 PRO
 ・DT880 PRO 
 ・DT990 PRO 
 ・DT1350
 ・DTX10
 ・DTX50
 ・T1 

BUFFALO KOKUYO SUPPLY
 ・BSEP02
 ・BSEP03

CREATIVE
 ・EP-480
 ・EP-630 
 ・EP-830
 ・EP-AVNAIR
 ・HQ-1900
 ・HP-AURVN-LV 

DENON
 ・AH-C350
 ・AH-C452
 ・AH-G300
 ・AH-D7000 

Etymotic Research
 ・ hf5 

FISCHERAUDIO
 ・DBA-02

FOSTEX
 ・KOTORI 201
 ・T-7M 
 ・TH900 

GRADO
 ・PS1000
 ・SR60 
 ・SR325i 

HiFiMAN
 ・HE-5LE

KENWOOD
 ・KH-C311

KOSS
 ・SPARKPLUG
 ・KSC75 

M-AUDIO
 ・IE-10 

maxell
 ・HP-CN40

PHIATON
 ・PS500

PHILIPS
 ・SHE8500
 ・SHE9000
 ・SHE9501 
 ・SHE9550
 ・SHE9700 
 ・SHL9500
 ・SBC-HP830
 ・SBC-HP1000 

Pioneer
 ・SE-CL17
 ・SE-CLX50

ROLAND
 ・RH-300 

SENNHEISER
 ・HD555 
 ・HD650 
 ・MX460
 ・MX980

SHURE
 ・SRH940

SONY
 ・MDR-E10SP
 ・MDR-EX1000 

STAX
 ・SR-001MK2
 ・SR-007A 

Ultimate Ears
 ・Triple.fi 10 Pro 

ULTRASONE
 ・HFI-780
 ・edition9

Victor
 ・HP-RX500 
 ・HP-FXC50

オーム電機
 ・HP-E550N
 ・HP-H500N 

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。